【国内試乗】「メルセデス・ベンツ CLA クーペ」サイズ、プライス、スタイリングのすべてが好バランス

AUTHOR
2020/01/17 07:00

美しいスタイリングと室内空間の拡大を目論み、サイズアップされて2代目へと進化したCLAクーペ。日本の道路環境でもノンストレスな車格から、ライバルはAクラスセダン!? とも考えられる、注目度の高いモデルと言えそうだ。

スポーティネスもエレガンスをも兼ね備える

メルセデスがFF系プラットフォームの大胆な刷新を図ったのは今から8年前のこと。そのアーキテクチャーを用いた新たなモデルは続々と登場したわけだが、とりわけ彼らの新たな柱として人気を博してきたのがCLAクラスだ。クーペとシューティングブレーク合わせて全世界で75万台、日本でも4万台以上を売り上げたモデルがA&Bクラスに次いでのフルモデルチェンジを受けて上陸した。

新型CLAはAクラスよりトレッドが拡大されており、それはホイールオフセットではなく、サスペンションそのものの変更が理由。リアはAクラスと同じトーションビームではなく、CLA全車マルチリンクを採用。

現行Aクラスの登場を機に進化したMFA2アーキテクチャーを土台とするCLAクラスは、クーペで初代に対して全長で25mm、全幅で50mm、全高で10mm、そしてホイールベースで30mm拡大している。伸びやかなプロポーションになったかなという印象はワイドスタンスに加えて、ノーズの低さや灯火類の薄さがそうみせているのだろう。460Lのトランク容量は初代に対して10L減少しているが、Cクラスに比肩する上、開口部の工夫などで荷物の出し入れはやり易くなっているという。

ライバルはAクラスセダン!?

内装の意匠や装備、そして質感もAクラスに準拠したものとなっており、その仕上がりはプレミアムCセグメントの水準点にある。居住性はレッグスペースのみならず、ヘッドクリアランスやショルダー部なども初代より少しずつ拡大されており、身長181cmの僕が座っても極端な窮屈さは感じられなかった。意匠的な理由で開放感には乏しいが、ファミリーカーとしての資質も備わってはいる。

日本におけるCLAクラスのラインアップは3種類。パワー&ドライブトレイン違いで、4気筒ディーゼルの200dと4気筒ガソリンの250 4マチック、そしてリッター200ps超えとセットアップの過激さが話題を集めるAMG銘柄の45S 4マチック+となる。試乗したのはミドルグレードの250 4マチック。同じガソリンの45Sに比べるとスペック面の見劣りは否めない一方、300万円以上の価格差を思えば賢い選択とみることもできる。

フォト=河野敦樹/A.Kawano ルボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!