新型「フィット」のモデューロ仕様も登場! ホンダのオートサロン出展内容は?

H.Tanaka
AUTHOR

マイナーチェンジ版の「シビック」や「S660」、新色の「NSX」も展示

ホンダは2020年1月10日から12日まで、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展する。

ホンダブースのコンセプトは、前回に引き続き「クルマ好きが集う場」としつつも最新の市販スポーツモデルから、さまざまなアイデアを具現化したカスタマイズモデルまで、ホンダならではの「操る喜び」を感じられる多彩なラインアップを展示する予定。また、ホンダの幅広いモータースポーツ活動への取り組みを紹介する四輪・二輪レーシングマシンも多数展示。訪れる来場者が心から楽しめるブースを目指すという。

おもな出展モデルは、2020年1月にマイナーモデルチェンジ車両の発売を予定している「シビック」シリーズのセダン/ハッチバックのほか、2シーター・オープンスポーツ「S660」のマイナーモデルチェンジ車両など。さらにスーパースポーツの「NSX」に新設定された新色「インディイエロー・パールII」を初めて日本で展示する。

モータースポーツ競技車両は、F1世界選手権2019年シーズンに参戦したレッドブル・トロロッソ・ホンダのアストンマーティン・レッドブル・レーシングのマシンを展示。また、FIMが統括する世界選手権の主要カテゴリーであるロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスで、2019年のライダー・チャンピオンを獲得した3台のマシンなど、国内外で活躍した四輪・二輪マシンを展示する。さらに、カスタムカーではホンダ純正コンプリートカーのシリーズである「モデューロX」から新型「フィット」や「フリード」がベースとしたコンセプトカーが出展。「MUGEN」からも「S660」のコンセプトや新型フィットのプロトタイプが展示されるという。

なお、初日となる1月10日は10:00よりホンダブースにてプレスカンファレンスを行なうほか、14:30からは「2020スーパーフォーミュラ /スーパーGTキックオフミーティング」を実施。2020年の参戦体制を発表するとともに、来場者に向けたファンイベントを実施する。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!