【スクープ】「7シリーズ」のプラグインHVにはあらず! BMWが「メルセデス・ベンツEQS」の対抗馬を極秘開発中?

2019/12/30 09:00

電気モーターは前後に搭載するデュアル式で最高出力はトータルで670hp以上?

BMWが、「7シリーズ」のピュアEV仕様を開発している可能性が高いことが判明した。キャリアカーで輸送されている開発車両は、一見するとロングホイールベース版7シリーズのプラグインHV。左フロントフェンダーの充電口は市販車にも採用されているし、リアにはテールパイプも健在だ。

しかし、フロントドアには「Electric Test Vehicle」(電気テストカー)のステッカーを装着。さらに、よく見るとヘッドライトとテールライトがカモフラージュされていることから、この開発車両が単なるプラグインHV仕様でないことは明らかだ。ただし、BMWは2022年中にも7シリーズのフルモデルチェンジを敢行するといわれているだけに、ピュアEVバージョンが現行モデルに設定されるか否かは不明、というのが実際のところだ。

とはいえ、今後7シリーズはICE駆動(内燃機関)、プラグインHV、ピュアEVという3つのパワートレインを使い分けることは間違いのないところ。その中で、ピュアEVには「i7」と「i7 S」が設定。前者にはEV2ドアクーペの「i4」と共有する総電力量80kWhのバッテリーが搭載、後者には120kWhバッテリーを組み合わせ最高出力は670hp以上。フル充電による航続距離は434マイル(約700km)実現すると噂されている。

前述の出力を発生する電気モーターは、電気式4WDを実現する前後デュアル駆動。2019年に発売された「ポルシェ・タイカン」と同様、800Vの高速充電に対応するシステムを搭載しているという。その最大のライバルは、いうまでもなく「メルセデス・ベンツEQS」だ。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!