ダイハツが「タント」と「タントカスタム」におトクな「セレクション」を設定

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/24 16:30

人気のパックオプションをグレードに応じて標準化

ダイハツは、軽乗用車「タント」に新グレード「セレクション」シリーズを設定。12月23日に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、タントが1,490,500円~1,765,500円。「タントカスタム」が1,721,500円~1,974,500円となっている。

タントは2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さをン武器にスーパーハイト系という新市場を開拓。軽自動車初となるピラーインドアの「ミラクルオープンドア」や両側パワースライドドアを採用、市場でも好評を博している。

今年の7月に発売した現行の4代目は、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」による第一弾。「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代のニーズに応える良品廉価な商品とし、さらに「次世代スマートアシスト」として充実した先進・安全装備を採用するなど、全方位で大幅に機能と性能を進化させた。

今回は「タントX」と「Xターボ」、「カスタムX」、「カスタムRS」をベースとした新グレードのセレクションシリーズを設定。既存のパックオプションであるコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックの3種をグレードに応じて標準設定し、従来よりもお買い得な価格とした。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧