【比較試乗】「プジョー 5008 vs ルノー カングー」みんなでワイワイ乗るのなら!

2019/11/27 07:00

今回の試乗では家族で乗るもよし、友人やカップルでレジャーやアクティビティ、ちょっとしたお出かけまでをカバーする、マルチパーパスカー2台をピックアップ。便利で広いラゲッジスペースや多人数乗車が可能といった生活感にあふれたクルマ選びでも、フランス車ならオシャレで遊び心も満載なのだ。

プレミアムな5008、なごみ系なカングー

普段ほとんどクルマに興味を示さない夫が珍しく助手席から覗き込んだほど、プジョー5008の運転席まわりはキラキラしている。タッチパネル式のセンターディスプレイの下には、ナビやオーディオ、エアコンなどの機能を選ぶスイッチが鍵盤のように並び、いかにもクイックに反応しそうな小径のステアリングホイールは天地が直線になっていて、スポーティな上にデジタルインスツルメントパネルを遮らない。

PEUGEOT 5008 GT Blue HDi

日が暮れて真っ暗な農道を小雨の降る中走っていたら、オートワイパーはもちろんのこと、前照灯が勝手にハイビームになり、対向車が来るとローになる。いろんなセンサーがついているなぁと感心する。8速ATのディーゼルターボは、プレミアム感たっぷりのトルクで軽やかな加速をし、一般道から高速まで常時1500rpm界隈をキープ。ちょっと大きめだけあって、まっすぐ安定して楽ちんだし、しっとりした乗り心地もまた、う〜んプレミアム。

PEUGEOT 5008 GT Blue HDi/ロングボディの堂々たる体躯の中に、多彩なアクティビティに応える広大なスペースと機能性、全席独立型の7人分のシートを併せ持つ。2列目シートは前後スライド、5段階のリクライニング機能を備えており、折りたたみテーブルや床下収納、サンシェードも標準装備。今回の2Lディーゼルエンジンのほかに1.6Lガソリンエンジン仕様もラインアップ。

そしてちょっと大きくなったそもそもの理由、必要な時だけ7人乗りになることの便利さよ。最終列のプラス2席の着座姿勢は膝を立てることになるが、成人男性でもまあ座れる。ジジババ一緒に食事や旅行なんて時や、ママ友と子連れでおでかけなんて時に大活躍してちやほやされたい。その2席はきれいに格納できるし、なんなら外して収納スペースを広げることもできる。月に1度あるかどうかの機会のために、スタイリッシュで機動性の高いSUVをがまんしなくていいのがうれしい。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ル・ボラン2019年12月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧