ワイパーの動きで天気予報の精度が向上? トヨタとウェザーニューズが共同研究を実施

H.Tanaka
AUTHOR
2019/11/06 17:00

コネクティッドカーの機能を活用!

ウェザーニューズとトヨタは、ウェザーニューズが持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用。気象観測・予測の精度向上やドライバーの安全向上を目指す共同研究の一環として、ワイパーの稼働状況と気象データから道路およびその周辺の状況を把握するための実証実験を東京都・大阪府・愛知県の3都府県を対象に11月1日より開始した。

この実証実験では、対象地域を走るトヨタのコネクティッドカーのワイパー稼働状況をマップに可視化。実際の気象データと照らし合わせている。ワイパーの稼働状況はおもに降水の有無と対応するため、ワイパーデータの活用により一般的な雨雲レーダーでは捕捉できない降水状況の把握が期待できる。実証実験では、ワイパーデータと気象データとの関係を詳細に分析。降水のほかにも、ワイパーの稼働に影響を及ぼす現象を捉えることを目指している。

トヨタは、昨年6月に販売を開始したクラウンおよびカローラスポーツを皮切りにコネクティッドカーの本格展開を開始。今後国内で発売するほぼすべての乗用車に車載通信機(DCM)の搭載を予定している。ウェザーニューズは、全国約1.3万地点の独自の観測網に加えユーザーから届く1日18万通もの天気報告を活用。高精度な天気予報を実現している。両社は本共同研究を通して、気象データとコネクティッドカーから得られる車両データを「いざという時に役に立つ」情報として広く提供しドライバーのさらなる安全に寄与することを目指す。

「ワイパー稼働実証実験」特設サイト
https://tpf.weathernews.jp/v/TOYOTA/wiper/intro/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧