2代目はビッグに? 新型「アウディA1スポーツバック」が発売開始

AUTHOR
2019/11/06 13:00

250台の限定車「1stエディション」を設定

アウディジャパンは11月1日、フルモデルチェンジを受けて2代目となった新型「アウディA1スポーツバック」を、11月25日より発売すると発表した。モデルラインアップおよび消費税込みの車両本体価格は以下のとおり。

●新型「アウディA1スポーツバック」
・35 TFSIアドバンスド:3,650,000円
・35 TFSI Sライン:3,910,000円
・1st エディション(限定車):4,430,000円

日本仕様に設定された「35 TFSI」には、150ps/250Nmを発揮する新開発の1.5L直列4気筒ターボエンジンを搭載。このエンジンには、直噴システムや気筒休止システム「COD(シリンダー・オン・デマンド)」が採用され、7速DCT(Sトロニック)と組み合わせることによって効率的でスムーズなパワーデリバリーを実現している。

ボディサイズは全長4040×全幅1740×全高1435mmで、ホイーベースは2560mm。先代型よりホイールベースが95mm拡大されたことによって、上級セグメントに迫る室内空間を実現。荷室容量も先代型比でプラス65Lとなる335Lが確保された。

エクステリアは、幅広く低い位置にあるシングルフレームグリルと、パワフルなエンジンをイメージさせるサイドエアインレットがデザインの特色。ボンネット先端に設けた3分割スリットや、ワイドなCピラーも効果的なアクセントとなっているが、これは1984年に登場してラリー界を席巻した「アウディスポーツクワトロ」へのオマージュであり、ワイドなトレッドと短いオーバーハングにより、スポーティで躍動感あふれるルックスとなっている。

インテリアは、「コンパクトクラスで最もスポーティなインテリア」を目標にデザイン。インスツルメントパネルを運転席側へとわずかに傾斜した、コックピットという言葉がふさわしいドライバーオリエンテッドな空間を生み出している。高解像度の10.25インチのフル液晶ディスプレイ式のデジタルインストルメントクラスターをはじめ、オプションの10.1インチのタッチスクリーンを備えたMMIナビゲーションシステム、アウディバーチャルコックピットを装着すれば、よりスポーティなイメージが高まる。

スマートフォン世代に不可欠なUSB充電ポートは標準装備となり、Apple CarPlayやAndroid Autoが利用可能となるアウディスマートフォンインターフェイスや、ワイヤレスチャージングをオプション設定。また、11個のスピーカーにより高音質を実現するBang & Olufsen 3D サラウンドシステムがアウディA1として初めてオプション設定された点も特色だ。

上級モデル譲りの運転支援システムを採用したのも新型の魅力。たとえ霧などで視界が悪くても、レーダーセンサーで前方を走るクルマや道路を横断する歩行者など、危険な状況を検知し、警告また必要に応じて緊急自動ブレーキを作動する「アウディプレセンスフロント」を全車に標準装備。

さらにオプションの「アウディプレセンスベーシック」を搭載すれば、万一の際、フロントシートベルトを締め上げ、ウインドーを自動的に閉じ、ハザードライトを点滅するなど、フルブレーキや衝突に備えて衝撃を緩和する。これ以外にも「アダプティブクルーズコントロール」や「アクティブレーンアシスト」、「ハイビームアシスト」も用意された。

新型には、導入を記念して限定車「1stエディション」が250台設定された。ベースグレードは「35 TFSIアドバンスド」で、エクステリアはコントラストルーフならびにコントラストパッケージにより、フロントリップ、サイドブレード、エクステリアミラーをミトスブラックメタリックにペイント。またブラックインサートを装着した17インチ5スポークデザインアルミホイールを備えたことで、引き締まったスポーティな印象に仕上げられている。

インテリアでは、10.1インチのタッチスクリーンを備えたMMIナビゲーションシステムやアウディバーチャルコックピットを搭載。これに加えて、コンビニエンスパッケージ(アドバンストキー/リヤビューカメラ/アウディパーキングシステム/デラックスオートマチックコンディショナー/シートヒーターフロント)も装備。さらに、数々の先進運転支援システムをセットにしたアシスタンスパッケージ(アクティブレーンアシスト/アダプティブクルーズコントロール/プレセンスベーシック/ハイビームアシスト/ルームミラー自動防眩)も装備リストに追加されており、商品力の高い一台となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧