【スクープ】「ボルボV90」初のフェイスリフト! さらにマイルドハイブリッドも初設定か?

2019/11/01 11:00

マイルドハイブリッドのグレード名には、新たに「B」が採用

ボルボのフラッグシップ・ステーションワゴン、「V90」のアップデート版と思われるプロトタイプがカメラに捉えられた。

初代V90は、「900シリーズ」後継モデルとして1997年から1998年まで2年間のみ販売。長らくその名は途絶えていたが、2017年2月におよそ20年ぶりに復活。実質的な「V70」の後継となっているが、初のフェイスリフトが行われるわけだ。

キャッチされたプロトタイプは、フロントバンパーにカモフラージュが施されておりエアインテーク形状などがリデザインされる模様。また、テールライトはリヤゲートにかかる部分が隠されていることからグラフィックが刷新されるだろう。なお、ヘッドライトは偽装されていないが今後着手される可能性が高いと思われる。

ハードウェアの注目ポイントは、「XC90」に搭載されたマイルドハイブリッドが設定されることだ。これはエネルギー回生ブレーキシステムの搭載により、最大15%の排出ガスが削減できる。グレード名には「B」を採用、これまでの「T」モデルと区別される。ちなみにXC90にはディーゼルエンジンの「B5」とガソリンエンジンの「B6」が設定されている。

装備面ではヘッドライトの対向車線暖和、新世代の自動ブレーキ、交差点通警報システムなどの搭載が期待できるほか、ボルボ独自のインフォテインメントシステム「Sensus Connect」(センサスコネクト)のアップデート版が採用されるはずだ。そのワールドプレミアは最速で2019年内、遅れれば2020年以降と予想されている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧