現行モデルではこれが最後! 「ジャガーXJ」の特別仕様が限定発売

AUTHOR
2019/10/29 08:00

車両価格は初代誕生の1968年にちなんで1968万円

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはこのほど、ジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」に現行モデルの最後を飾る特別仕様車「ジャガーXJR575“V8”ファイナルエディション」を設定。10月21日より受注を開始した。発売台数は20台の限定で、消費税込みの車両本体価格は19,680,000円だ。

「XJ」は、1968年に「XJ シリーズI」として誕生したときから、唯一無二の存在感を放ち、8世代にわたって世界中の人々を魅了してきた。VIPや政治家の送迎車両として使用されたほか、ビジネスリーダーや王室の方々に好まれて選ばれるなど、XJは50年以上にわたってジャガー・ランドローバーの主力モデルであり続けている。

この「XJ」の現行モデル最後となる特別仕様車「XJR575″V8″ファイナルエディション」は、575ps/700Nmを発揮する5L V型8気筒スーパーチャージドエンジンを搭載した「XJ」史上最も速く、最もパワフルなハイパフォーマンスグレード「XJR575」をベース車両に採用。車両価格は「XJ」が誕生した1968年にちなみ、1968万円に設定された。

この特別仕様車には、アダプティブLEDヘッドライトをはじめ、シルバーカーボンのホイールセンターバッジ、360°サラウンドカメラ、セキュアトラッカー、スマートフォンパック、コネクトプロパックなど装備が充実。ジャガーのフラッグシップモデルにふさわしい1台に仕上げられている。

ボディカラーはサントリーニブラック、ユーロンホワイト、ロワールブルー、インダスシルバー、ブリティッシュレーシンググリーンの5色を設定。

さらに、新車購入から3年間の無料サービスプログラム「ジャガー・プレミアムケア」終了後の4年目、5年目も利用できる、延長メンテナンスプログラム「ジャガー・プレミアムケア5」を付帯し、長期間の快適なジャガーライフが提供される。

この特別仕様車を成約したカスタマーには、記念品としてライティングジュエル(筆記具の宝石)と称される「Montegrappa(モンテグラッパ)」の高級感あふれる万年筆「ジャガー・アルティメットペンby Montegrappa」が用意されている。

●「ジャガーXJR575“V8”ファイナルエディション」主な特別装備
・アダプティブLEDヘッドライト
・20インチ”スタイル5044″5スポーク (テクニカルグレイフィニッシュ)
・360°サラウンドカメラ
・セキュアトラッカー
・スマートフォンパック
・デュアルビュータッチスクリーン
・コネクトプロパック
・ラゲッジコンパートメント プレミアムカーペットマット
・ロッキングホイールナット(ブラック)
・ホイールセンターバッジ
・スタイルバルブキャップ
・ジャガー・プレミアムケア5

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧