「スバルXV」の安全性と走りのパフォーマンスが向上!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/15 09:00

ハイブリッドの「e-BOXER」搭載グレードが拡大!

スバルは、「スバルXV」の改良モデルを10月10日に発表。一部グレードを11月15日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、2020年初頭に発売予定という1.6Lエンジン搭載車が2,200,000円/2,332,000円。2.0Lエンジン+電気モーターの「e-BOXER」搭載車が2,651,000円~2,926,000円。

スバルXVは、「ファン・アドベンチャー」をコンセプトに都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとしての走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUV。

今回の改良では、新グレードの「2.0e-Lアイサイト」と「2.0e-Sアイサイト」を追加。新感覚の走りの愉しさを実現する「e-BOXER」搭載グレードの選択肢を拡大した。また、アイサイト・ツーリングアシストの全車標準装備による総合安全性能の向上に加え、X-モードに雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能として悪路走破性を高めた。さらに、「アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能」をはじめ、日々の使用シーンで役立つ機能を拡充し、利便性を向上させている。

スバルXVオフィシャルサイト
https://www.subaru.jp/xv/xv/

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧