スマホを活用した「ダイハツコネクト」が間もなくスタート!

H.Tanaka
AUTHOR

車内で使えるWi-Fiサービスも開始

ダイハツは、ディスプレイオーディオやコネクト対応車載機とスマートフォンを接続することでユーザーがクルマやダイハツとつながるサービス「ダイハツコネクト」の提供を開始する。

ダイハツは、ユーザーの負担が少ないスマートフォンを活用。長年使えるコネクト方式を採用し、さらなる安心を提供することを目指している。ダイハツコネクトは、年内に発売予定のDNGA第2弾となる新型車から採用予定で車内での通信をサポートする「ダイハツWi-Fi」の提供も開始する。

ダイハツコネクトでは、クルマとスマートフォンを連携させることで手軽にコネクトサービスを提供可能となる。スマートフォンにダイハツコネクトアプリをインストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートが提供される予定だ。

ダイハツWi-Fiは、車内にWi-Fiルーターを設置して通信のサポートを行う。コネクト対応車載機の購入者を対象に、サービス利用開始から3年間、1GB/月のデータ容量を無料提供。コネクトサービスの利用のほか、後席でのスマートフォンやタブレット端末などの使用による通信料金の負担を軽減する。もちろん、より多くの通信量を必要なユーザー向けにさまざまな有料プランも準備予定だ。

ダイハツコネクト紹介ページURL
https://www.daihatsu.co.jp/connect/index.htm

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧