ペダル踏み間違い事故対策!エイタックからアクセルセーフティモジュールが新登場

2019/10/09 10:00

エイタックのオリジナルパーツに「アクセルセーフティモジュール」がラインアップ

エイタックでは数多くのBMW向けオリジナル製品をリリースしているが、今回新たに登場したのは「アクセルセーフティモジュール」。これは近ごろニュースやワイドショーなどでも話題になることが多い「ペダル踏み間違い事故」を防ぐ効果が期待できるものだ。

アクセルセーフティモジュール
Expand AT-ACSM 価格:30,240円(税込/工賃別)

多くの現行型BMW、ミニに適合。最新の適合情報については同社ウェブサイトを確認してほしい。長期間安心して使用できる3年保証。

ドライブの「安心・安全」を高めたいという人にオススメしたいアイテム

たとえば車庫入れや縦列駐車など10km/h以下の速度では、アクセルペダルを70%以上踏み込むと踏み間違いと判断してアクセルの信号をカット。この状態ではさらにペダルを踏み込んだとしてもノロノロと歩くよりも遅い速度で進むだけだ。これならば建物や前方の車両に突っ込む心配もない。そして、オートPDCが反応している際(PDCブザーが鳴っている間)にはアクセルペダルを40%以上踏み込むと反応。もちろんいずれの場合でも前進だけでなく後退の場合でも同様に動作する。

駐車する際などに発生しやすいペダル踏み間違い事故を未然に防ぐ。安心感がグンと向上。

また、通常の走行中でも10km/h~60km/hの速度では0.1秒以内にアクセルが50%以上踏み込まれると反応。急な上り坂などの走行時はアクセルペダルを80%と踏み込むと反応する。
アクセル信号がカットされた際には「ブレーキを踏んで下さい」とガイダンスが流れ、ブレーキを踏むことでノーマル状態に自動復帰する。なお、ブレーキを踏んだ後の1秒間、ウインカー点滅中、トラクションコントロールOFF時には制御を行わない。

アクセル信号の増幅機能は無いので、この製品の誤作動が原因による暴走は発生しない。

他社の汎用製品に比べると多機能で信頼性に優れており、エイタックがAVインターフェイスで培った独自のノウハウや技術が生かされている。

リポート:浜先秀彰/H.Hamasaki フォト:澤田和久/K.Sawada 取材協力=エイタック

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧