ダイハツが「ブーン」と「トール」にプチおしゃれな特別仕様車を用意

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/02 16:00

2トーンボディと充実装備で、なおかつお買い得!

ダイハツは、コンパクトカーの「ブーン」と「トール」に特別仕様車を設定。10月1日より全国一斉に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、ブーンの特別仕様が1,639,000円/1,838,100円。トールは同じく1,815,000円~2,106,500円。

ブーンは、ダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウを展開したコンパクトカー。初代は2004年にデビュー。3代目となる現行モデルは2016年に発売されているが、2018年には丸みを持たせたキュートなデザインが特長の新グレード、「ブーン・スタイル」がラインアップされた。今回設定した特別仕様車は「スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ”」と「スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ”」の2モデル。ベースとなる「スタイル“SAⅢ”」に対し、ホワイトとこれまで「ブーン・シルク」のみに設定されていたブラックのルーフカラーによる2トーン仕様として選択の幅を広げた。また、ホワイト/ブラックルーフに対応した内外装加飾に加えパノラマモニターやLEDフォグランプ、スーパーUV&IRカットガラスなどが特別装備されている。

一方、トールは「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発されたハイトワゴンで2016年11月に発売された。今回は特別仕様車として「G“リミテッドⅡSAⅢ”」「カスタムG“リミテッドⅡSAⅢ”」を設定。パノラマモニターやコンフォータブルパック、カスタム仕様の内装加飾を標準装備した従来のリミテッドシリーズに対し、両グレードにトップシェイドガラス/メッキアウターハンドルを装備。加えて「G“リミテッドⅡSAⅢ”」にはLEDヘッドランプを特別装備するとともに、通常はカスタムでしか選べない2トーンカラーを選択可能にして上質感を高めた。さらに、価格はどちらもベースグレードに対しお買い得な設定となっていることも魅力のひとつだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧