安全機能が強化! 「ボルボV90/V90クロスカントリー」が仕様変更

H.Tanaka
AUTHOR
2019/09/17 18:00

装備やグレード名も見直し

ボルボ・カー・ジャパンは、「V90」および「V90クロスカントリー」の一部仕様を変更。9月12日より発売を開始した。消費税(10%)込みの車両本体価格は、V90が6,915,741円~9,920,371円。V90クロスカントリーは、7,221,297円~8,800,000円。各モデルの納車は2019年10月以降を予定している。

今回の仕様変更では、「シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)」にステアリング・サポート(衝突回避支援機能)が追加。この機能は、被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない際、ステアリング操作を補って障害物回避を支援する安全技術。ドライバーによるステアリング操作が障害物の回避に不十分であれば、適切な操作量を確保できるようにステアリング操作を補助。同時に前後内輪のブレーキを作動させ、緊急回避操作を安全に行なえるように支援する。

また、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能が追加された。これは駐車スペースから後退して出庫するときの安全を確保するもので、リヤバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって接近する車両、歩行者やサイクリストの存在を検知する。検知の際は警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じて被害軽減ブレーキが作動。衝突の回避または衝突被害の低減をサポートする。

V90のみの変更点では、「T8ツインエンジンAWDインスクリプション」に装備されるオレフォス社製クリスタル・シフトノブに新デザインを採用。また、T8 ツインエンジンの駆動用リチウムイオンバッテリーの容量が30Ahから34Ahに拡大、EV走行距離が向上している。

V90クロスカントリーについては、グレードの名称が変更された。新型「V60クロスカントリー」シリーズと同じく、従来の「モメンタム」に相当する「クロスカントリー」と、「サマム」に相当する「クロスカントリー・プロ 」に変更されている。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧