【嶋田智之の月刊イタフラ】シトロエンのシートロエンってホントに効果的だった!

嶋田智之
AUTHOR
2019/09/11 09:00

フランス国内では医療機器としての認定もあるシトロエン製“シートロエン”

クルマ酔い解消メガネとして話題の、シトロエン製“シートロエン”。やっと試すことができました。が、僕が装着すると御覧のとおりアレな感じだしそもそもクルマ酔い皆無なので、「タクシー15分とか無理!」という友人女子をメシで釣り、サスが抜けきった別の友人のクルマに乗せてのテストでした。


取説どおり、走りはじめて20分ほどで友人が「あ、ちょっと……」と言いだしたので速攻で装着させ、「しばらくスマホ見てろ」と強要すること約5分。「あれ? 楽になってるかも」。そのまま20分ほど走り続けたら「私もう酔ってないかも」。しまいには「ねぇ、これ売ってよ」と迫られるほど驚きの効果でした。マユツバ系かと思ってたのに。
シートロエン、フレーム内の青い液体が作る水平線を視界の端にとらえることで、内耳のセンサーが感知する動きと視覚から受け取る動きがシンクロして乗り物酔いを抑える、という仕組みらしいです。フランス国内では医療機器としての認定も受けてるそうです。もちろん個人差は何にでもあるわけですが、お子さんがクルマ酔いして悩んでおられる方、お試しあれ。価格は1万5000円+税で、全国シトロエンのショールームで購入できます。

ル・ボラン2019年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧