メルセデス・ベンツのコンパクトSUV、「GLB」に早くもAMGモデルが追加!

AUTHOR

306psの2Lターボ搭載。0-100km/h加速は5.2秒をマーク

8月29日、ダイムラーは6月に発表した新型コンパクトSUV「メルセデス・ベンツGLB」に高性能版となる「メルセデスAMG GLB35 4マチック」を設定したことを発表した。

GLB35 4マチックには、先ごろ日本でも導入が発表された「A35 4マチック」と同様に、306ps/400Nmを発揮する2L直列4気筒ターボを搭載。0-100km/h加速タイムは5.2秒と発表された。トランスミッションはA35 4マチックが7速DCTを搭載するのに対して、GLB35 4マチックには8速DCTの「AMGスピードシフトDCT 8G」を組み合わせる。4WDシステムの「4マチック」はAMG専用のチューニングが施され、走行状況などに応じて前後駆動力配分は100対0から50対50まで可変する。

高出力エンジンの搭載にともない、制動性能がより高められたブレーキシステムを装備。フロントには350×34mmのディスクに4ピストンキャリパーを、リヤには330×22mmのディスクにシングルピストンキャリパーを組み合わせる。ブレーキキャリパーはシルバーにペイントされ、ブラックでAMGのレタリングがあしらわれる。ホイールは19インチが標準で、最大21インチまでのサイズをオプションで設定している。

走行モードは滑りやすい路面でも安定性を高める「スリッパリー」をはじめ、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツプラス」、「インディビィデュアル」の5モードを設定する。

外観はAMGモデルを主張するフロントグリルをはじめ、フロントスプリッターやリヤエプロン、ルーフスポイラーが採用され、高性能モデルを主張する。

インテリアでは人工皮革「ARTICO」とマイクロファイバー「DINAMICA」を表皮に採用したスポーツシートや、レッドアクセントラインを採用したトリムが特徴的。オプションのレザーパッケージではシートが本革張りとなるほか、トリムのアクセントラインのカラーが変更できるとのこと。

そのほか、標準モデルのGLBでも採用された対話型インフォテイメントシステム「MBUX」や、先進の運転支援機能を搭載。キャビンレイアウトも、2列5人乗りのほか、3列7人乗りが設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧