【スクープ】メルセデス・ベンツの最高級EV、「EQS」は2021年にデビューか?

2019/09/01 14:00

「S」とはいいつつ、スタイリングはスポーティなファストバックを採用!

メルセデス・ベンツの電動化に特化したブランド、「EQ」シリーズの頂点に君臨すると思われる「EQS」(仮称)のプロトタイプが初めてカメラにキャッチされた。EQブランドは、2016年のパリ・サロンで「ジェネレーションEQ」を初公開。その後2018年3月のジュネーブ・ショーでは最初の市販車として「EQC」をワールドプレミア、今年日本でも発売がスタートしている。

同ブランドでは2022年までに10台の電気自動車を発売する計画だというが、EQCの後は既存モデルをベースとした「EQA」や「EQE」をリリース。EQSはそれに続くモデルだというが、開発車両はトランクリッドへと連なる滑らかなルーフラインが特長的。「S」とはいいつつ、「Sクラス」とは異なる5ドアファストバックのスタイルであることが確認できる。

また、フラットなフロント部には大型のヘッドライトを装備するほか、ショートノーズ&ロングホイールベースであることも特徴的だ。現状ではCピラーが偽装されているが、その下には第三のクォーターウインドーが隠されている可能性がある。サッシュレスドアや格納式と思われるドアハンドルが採用されていることもEQSにおけるスタイリングのポイントとなりそうだ。

そのプラットフォームには、ダイムラー最新のEV専用モジュール式電気アーキテクチャーである「MEA」(Modular Electric Architecture)を採用。EQSでは各車軸に1基ずつ、合計2つの電気モーターを装備し最高出力はトータルで500ps程度になるという。注目のワールドプレミアは2021年と思われ、ライバルには間もなくデビューする「ポルシェ・タイカン」を筆頭に「アウディe-tron GT」や「テスラ・モデルS」を想定。EQSのデビュー後は、ハイエンドEVセグメントで激しいシェア争いが繰り広げられることは間違いない。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧