デビュー間近の「ポルシェ・タイカン」が、そのパフォーマンスをアピール!

AUTHOR

24時間で3425kmを無事に走破

ポルシェはこのほど、9月4日のワールドプレミアを目前に控えている同社初のEVスポーツカー「タイカン」のプロトタイプを、南イタリアはナルドのテストコースに持ち込み24時間で3425kmを走破。高水準の耐久性能を実証したことを発表した。

ピーク時で42℃の気温、路面温度54℃に達する、うだるような暑さのなか、タイカン・プロトタイプは平均速度195〜215km/hで、ナルドのテストコースを3425km走行。途中、ドライバーの交代やバッテリーの急速充電で一時停車したものの、走行テストは中断することなく無事に完了した。

タイカン・モデルラインの責任者を務めるシュテファン・ヴェックバッハは次のようにコメントしている。

「タイカンはこの過酷な耐久テストを問題なくクリアしました。ナルドでの結果によって、独自の800Vテクノロジーとその高い完成度がもたらすメリットを実証することができました」

年末から市場導入が予定されているタイカンは、600ps以上を発揮するモーターと800Vの電圧システムを組み合わせた90kWhのリチウムイオンバッテリーが備わる。800V電圧システムは、レーシングマシンである919ハイブリッドに採用され、ル・マン24時間レースでの3連覇に貢献したものだ。これにより、安定的な高性能や充電時間の短縮が実現するほか、ケーブルの重量やパッケージングのスペースを削減するメリットも生み出す。

一方、高水準のサーマルマネジメントも実証。サーマルマネジメントは、高電圧コンポーネントを冷却および暖機するための非常に効率的かつインテリジェントなシステムを中心に展開。これにより、過度の発熱が原因となる出力損失を防げるだけでなく、車両が充電ステーションに到着した際も、最も効率的に充電できるよう、温度を最適な状態に調整することが可能となる。

タイカンは耐久性に優れているだけではない。そのエレクトリックパワートレインは、短い間隔で加速を数回繰り返した後でも最高のパワーを発揮できるように設計されている。7月末に試作車を飛行場でテストした際は、停止状態から200km/hまでの加速を26回以上連続して実施。平均加速タイムは10秒を切っており、最も速いタイムと最も遅いタイムの差は0.8秒に過ぎなかったという。

市販型の発表を目前に控えたタイカンは、市場投入される年末までには世界中で600万km以上のテスト走行を完了することになるという。

さらに8月20日には、タイカンに「Apple Music」が搭載されることが明かにされた。Apple Musicのサブスクリプション登録者は、タイカンに搭載されるタッチスクリーンディスプレイを操作することにより、5000万曲以上の楽曲を最大6カ月間広告なしで、また何千ものキュレーションされたプレイリストやライブストリーミングを、車内インターネット経由によって3年間無料で楽しめるとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧