「メルセデス・ベンツAクラス&Bクラス」に最新のプラグイン・ハイブリッド仕様が追加!

AUTHOR

EV航続距離は最高で77kmを実現

ダイムラーは8月19日、「メルセデス・ベンツAクラス」および「Bクラス」に初のプラグイン・ハイブリッド仕様となる「A250e」、「B250e」を設定したと発表。欧州市場での販売価格は、A250eが3万6943.55ユーロ(約436万円)、A250eセダンが3万7300.55ユーロ(約441万円)、そしてB250eは3万7663.50ユーロ(約445万円)だ。

A250eおよびB250eには第3世代版となるプラグイン・ハイブリッドパワートレインを搭載。160ps/250Nmを発揮する1.33L直列4気筒ターボエンジンに、75kW(約101ps)/300Nmを発するモーターを組み合わせ、システム総合で218ps/450Nmを引き出す。トランスミッションはハイブリッド専用のコンパクトなデュアルクラッチ「8F-DCT」だ。

0-100km/h加速タイムはA250eで6.6秒、A250eセダンで6.7秒、B250eで6.8秒を実現。最高速はA250eとB250eが235km/h、A250eセダンが240km/hに届く。なお、EV走行時の最高速はいずれも140km/hだ。

このプラグイン・ハイブリッドパワートレインには12Vスターターは備わらず、ガソリンエンジンの始動はモーターが受け持つ。これによりパワーユニットの小型・軽量化に寄与。後席下部に搭載されるリチウムイオンバッテリーは重量150kgの水冷式で、エネルギー容量は15.6kWh。これにより最高77kmのEV航続距離を実現した。また、この高電圧バッテリーを組み合わせることにより、ハイブリッド燃費は最高で71.4km/Lとなり、二酸化炭素の排出量は1kmあたり最少で32gに留められている。

EV走行の「エレクトリック」モードでは、「D Auto」、「D+」、「D」、「D-」、「D–」の5段階で回生ブレーキの介入強度が選択可能。走行状況や好みに応じて、ステアリングホイールに備わるパドルで切り替えられる。走行モードはそのほか、「コンフォート」や「ECO」、「スポーツ」が設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧