豪放なアメリカン・ビッグV8オーラを輝かせて伝説的な存在となったコブラのルーツはレーシングカーだった【GALLERIA AUTO MOBILIA】#010

2019/08/12 14:00

様々な断片から自動車史の広大な世界を菅見するこのコーナー。今回はコブラを取り上げる。ACエースのシャシーを得たことで生まれたシェルビー・コブラは世界中のレースで活躍をしたが、そのルーツはイギリスのクラブマン・レースにあった。

トジェイロのシャシーに様々なエンジンが載せられた

ACは1904年に3輪トラックの製造からスタートしたイギリスのメーカーで、最初の社名はオートカーズ&アクセサリーズ・リミテッド。1907年にはオートキャリアズ・リミテッドに社名を変更し、その翌年から後々までも引き継がれるACのロゴマークが掲げられた。1911年にはロンドン南西郊外の発祥の土地から、より大きな工場を求めてサリー州テームズ・ダットンに移転している。第1次世界大戦後はアンザーニのエンジンを搭載したモデルを製造していたが、1926年に自社でOHC4気筒エンジンを開発し、1927年には6気筒のエンジンを開発した。世界恐慌後の1930年にはハーロック家が工場を買収。以上が戦前のACの変遷である。

最初のACエースのカタログに使われたイラストは、アールズコートで発表された1号車(AE01)以前のヴィンセント・ディビソンのトジェイロを元にしたプロトタイプのものだった。これは1965年の英国仕様のACコブラ289のカタログで、右ハンドルである。

第2次世界大戦が終わり、モータースポーツが再開されると、より多くの人々がレースを楽しむようになった。ジョン・トジェイロもそのひとりだ。彼はポルトガルの銀行家の父と英国人の母の間に1923年にエストリルで生まれたが、父の逝去後、母の帰国にともない英国で育った。英国ではその時代の恵まれた子供らしくメカノの玩具に親しみ、10代のうちにモーターサイクルを乗り回し、戦争が始まって航空隊に配属されるまでにはクルマも手に入れていた。戦後はコーリン・チャプマンがそうであったように中古車を修理しては転売する仕事を始めたが、壊れたMG TAを手に入れると軽量なボディを載せたスペシャルを製作した。しかしMG TAのシャシーは満足できるものではなく、ジョン(というより、Tojeroの苗字からTojと呼ばれるようになっていた)は自ら車体の開発に取り掛かかり、コンストラクターとなった。トジェイロのシャシーには様々なエンジンが載せられたが、腕の立つクラブマン・レーサーだったクリフ・デイビスはブリストル・エンジンを搭載した。1949年のル・マンで優勝を遂げたフェラーリ166バルケッタ(カロッツェリア・トゥーリング)をコピーしたボディを載せて、レースで活躍を始め注目を浴びた。またヴィンセント・ディビソンはリー・フランシスのエンジンを搭載したトジェイロのシャシーに、やはりフェラーリ166バルケッタ風のボディを載せたが、少しだけトゥーリング風を脱したスタイルになっていた。

Text:岡田邦雄/Photo:横澤靖宏/カーマガジン462号(2016年12月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧