ダイハツが「ムーヴ」「キャスト」「ミラ・トコット」にオトクな特別仕様を設定

H.Tanaka
AUTHOR
2019/08/02 11:50

スタイリッシュなディテールや人気アイテムを搭載

ダイハツは「ムーヴ」、「キャスト」、「ミラ・トコット」に特別仕様車を設定。7月29日より全国一斉に発売を開始した。それぞれのグレード名と消費税込みの車両本体価格は以下の通り。

ムーヴX”リミテッドⅡ SAⅢ”=1,252,800円(2WD)/1,377,000円(4WD)

キャスト(スタイル)G”VS SAⅢ”=1,377,000円(2WD)/1,501,200円(4WD)

キャスト(スタイル)Gターボ”VS SAⅢ”=1,485,000円(2WD)/1,609,200円(4WD)

キャスト(アクティバ)G”VS SAⅢ”=1,377,000円(2WD)/1,506,600円(4WD)

キャスト(アクティバ)Gターボ”VS SAⅢ”=1,485,000円(2WD)/1,614,600円(4WD)

ミラ・トコットG”リミテッド SAⅢ”=1,231,200円(2WD)/1,360,800円(4WD)

1995年に初代が発売されたムーヴは、2014年12月に現行モデルが投入されているハイト系の主力モデル。今回の特別仕様車は「X“SAⅢ”」をベースにブラックインテリアパックやLEDヘッドランプ、メッキオーナメント付きの革巻きステアリングなどが特別装備される。

2015年9月に発売されたキャストは「スタイル」、「アクティバ」、「スポーツ」という3つのバリエーションを同時開発したモデル。今回はスタイルとアクティバに特別仕様車の「VSシリーズ」を設定。スタイリッシュさを向上させるインテリアのアクセントカラーや、駐車時などの運転をサポートする「パノラマモニター」、寒い日でも快適な運転席シートヒーターなどを特別装備した。

2018年6月に発売したミラ・トコットは、愛着がわくデザインと運転しやすいパッケージングが持ち味。今回の特別仕様車はパノラマモニターなどを標準装備する「G“SAⅢ”」をベースにUVカットガラスやクリーンエアフィルター、材着ブラック仕立てのドアトリムやインナードアハンドルなどが装備される。

 

なお、いずれも装備を充実させつつベースグレード比で、お買い得な価格設定となることも魅力。購入を検討するユーザーの選択の幅を広げるモデルに仕上げられている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧