選択肢がさらに充実! BMWが「6シリーズ・グランツーリスモ」にディーゼル仕様をラインアップ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/08/01 14:00

グレードは「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」の2タイプ

ビー・エム・ダブリューは、「BMW6シリーズ・グランツーリスモ」にクリーンディーゼルエンジンを搭載した「623dグランツーリスモ」を新設定、7月26日より販売を開始した。「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」の2グレードが設定され、消費税込みの車両本体価格は前者は8,260,000円。後者は8,290,000円。

 

6シリーズ・グランツーリスモは、全長5105×全幅1900×全高1540mmという存在感あるサイズにクーペスタイルのエクステリアを組み合わせたモデル。3070mmという長いホイールベースにより実現した広い室内は、ダコタ・レザーを標準装備とした居心地の良い贅沢な空間となっている。また、リヤにエアサスペンションを採用。ロング・ドライブでも乗客に負担を与えない、快適な乗り心地を実現している。

今回追加された623dが搭載する直列4気筒クリーンディーゼルエンジンは、最大出力190ps/4,000rpm、最高トルク400Nm/1,750-2,500rpmを発揮。低回転時から心地よい加速を実現するとともに、燃料消費率15.8km/L(WLTC)と優れた環境性能を両立。快適なロングドライブを提供する6シリーズ・グランツーリスモの個性を最大限に活かすモデルとなっている。

装備面では安全運転支援システムである「ドライビング・アシスト・プラス」か備わり、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やレーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)などを装備。さらにBMWコネクテッド・ドライブも標準となる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧