【嶋田智之の月刊イタフラ】アルファ・ロメオ・ジュリエッタ、TCRジャパン・シリーズに参戦中!

嶋田智之
AUTHOR
2019/08/01 10:00

ジュリエッタ、勝ったぞー!!

今年からスタートしたTCRジャパン・シリーズにアルファ・ロメオ・ジュリエッタが参戦してることはすでにお伝えしていますが、素晴らしい戦績を挙げています。

TCRジャパン・シリーズはラウンドごとに土曜日にサタデーシリーズの予選と決勝が、日曜日にサンデーシリーズの予選と決勝が行われ、それぞれ別のシリーズとしてチャンピオンシップが展開されているのですが、ゼッケン33番ゴー&ファン・スクアドラ・コルセの前嶋秀司選手が6月22日-23日のラウンド2のサンデーシリーズで総合優勝、7月13日-14日のラウンド3のサタデーシリーズで総合3位、サンデーシリーズで総合2位。そしてFIAドライバー・カテゴリーで前嶋選手はブロンズに相当するため、ジェントルマン・クラスのチャンピオンシップもかかってるわけですが、そちらではラウンド2で3位と優勝、ラウンド3では優勝×2と圧倒的な強さ。ちなみにドライバーズランキングではサンデーシリーズの総合で3位、クラスではトップにつけています。

僕はラウンド2のSUGOで行われたレースを観にいってきたのですが、ジュリエッタTCR、とにかくコーナーがめちゃめちゃ速い! ということは立ち上がりのスピードも速いわけで、そこからスリップストリームに入って他車の背後につけて次のコーナーでまた勝負といった具合で、排気量が小さいことに起因するトルク不足をカバーできてる印象なのです。
前嶋選手によれば「クルマとしてのバランスがよくてコントロールしやすい。充分にトップを狙えるクルマです」とのこと。残りふたつのラウンドも期待が持てますね。9月の次戦が楽しみです。

photo : Hiroyuki Orihara ル・ボラン2019年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧