プジョー505GTiは適度な刺激とコンフォートの両立がキモ【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回は、プジョー最後のフロントエンジン・リア駆動となっている505を取り上げます。ファミリーカーとして、またドライバーズカーとしても楽しめるFRセダンはいかが?

プジョー505とは?

抜群の乗り心地で大ヒットを記録したプジョー504の後継モデルとして、1979年に登場した。504の美点は受け継ぎつつ、リアサスペンションは604のメカニズムを採用することでリアの居住性を向上させている。セダンの他、ステーションワゴンや8人乗りのファミリエールも用意された。

適度な刺激とコンフォートの両立

乗り心地を大きくサポート:日常の使用でも邪魔にならない程度にサイドサポートが立ったシート形状で、ホールド性は良好だ。乗降時など、頻繁に触れる箇所に擦れやヤレは見られるが大きな破れはない。ちなみに国内へ正規輸入されたGTiは全て左ハンドル仕様となる。

プジョー505は、世界的なヒットを飛ばした504の後を継いで1979年にデビューした。504譲りの快適な乗り心地、そしてかつてのプジョーらしさを堪能できる貴重なモデルだ。
ピニンファリーナがデザインを担当した端正なエクステリアは、504の特徴的な”ツリ目”を踏襲するが、テールエンドはなだらかに落ち込むのではなく水平基調となっており、時代を反映したアップデートが施されている。

足もと広々で大人も満足:先代の504からホイールベースは変更されず2740mmのままだが、フロントシートの形状を変えることでレッグスペースは拡大されている。ボディ幅が広がり、天地スペースも確保されているため居住性はなかなかのもの。

今回取り上げたGTiは、1984年に追加されたグレードで、その名から想像できる通りスポーティな仕立てが特徴だ。現代の基準でいえば、急峻な上り坂を駆け上がり、タイトコーナーを得意とするホットバージョンを想像するが、この時代はスポーティな味付けといったところ。PRV製の直列4気筒ユニットの最高出力は130psで、トランスミッションは4速A/Tだ。ちなみに、国内へ正規輸入された505GTiはA/Tモデルのみで、当初は3速だったが’87年から4速仕様となっている。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:山本佳吾/Keigo YAMAMOTO カー・マガジン484号(2018年10月号)より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧