【スクープ】ターゲットは「GRヤリス」! ヒュンダイの高性能ハッチ「N」の第二弾がニュルに登場!

2019/06/21 07:00

搭載するエンジンは200㎰オーバーの1.6Lターボ

韓国ヒュンダイのベストセラー・ハッチバックである「i20」に設定されるとウワサの高性能モデル、「i20N」開発車両が初めてカメラに捉えられた。

「N」は、2015年にヒュンダイが立ち上げた高性能ブランドで、2017年に第一弾として「i30N」がデビュー。今回の「i20N」はNブランドの第二弾となる。ベースとなるi20は2016年に世界累計販売100万台を達成、2018年4月にはフェイスリフトを実施している。今回のプロトタイプは、そのアップデート版をベースとしているため外観のディテールは不明だ。

しかし、スポーツサスペンション装着によるものと思われるローダウンボディの足元にはレッドキャリパーを備える高性能ブレーキや215/40 R18のピレリPゼロタイヤを装着している。また、リヤには強力なパワーユニットの存在を意識させるデュアルエキゾーストパイプも確認できた。

予想される搭載エンジンは、1.6L直列4気筒ガソリンターボの「T-GDI」。仮想敵とするトヨタの「GRヤリス」が1.6L直列3気筒ターボから最高出力250psを叩き出すと予想されているだけに、その最高出力が200psを超えてくることは確実。実際、同エンジンを積む「キア・シードGT」が201psを発揮しているだけにライバルと同等の数値をマークすることはたやすいはずだ。

ちなみに現行i20のデビューは2014年。2021年には第3世代へとバトンタッチされると噂されるだけに、このNモデルのワールドプレミアは間近に迫っている可能性が否定できない。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧