「スバル・フォレスター」の利便性が向上

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/10 17:00

ボディカラーには新色「マグネタイトグレー・メタリック」を追加

スバルは、「フォレスター」一部改良モデルを本日2019年6月10日に発表。7月18日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、2L+電気モーターを搭載したハイブリッドの「アドバンス」が3,099,600円。2.5Lガソリン搭載車は2,916,000~3,024,000円。

フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車。2018年にデビューした現行の第5世代では、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能やドライバーの意志に忠実な操縦性と優れた快適性を実現。加えてスバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」といった新たな価値も追加されている。

今回の改良では、後席への荷物等の置き忘れをブザーや画面表示で知らせる「リヤシートリマインダー」を新採用し機能性が高められた。また、ボディカラーには新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。このカラーは緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いが特長で「フォレスター」の魅力をさらに引き立てている。

細かな部分ではガソリン仕様の「Xブレーク」、「プレミアム」、「ツーリング」にLEDのライセンスランプが標準装備となっている。

ちなみに現行フォレスターのグレード別販売構成比では、ハイブリッドのアドバンスが最も高くなっていて全体の約半数を占めているという。

スバルフォレスターオフィシャルWEBサイト
https://www.subaru.jp/forester/forester/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧