ジャガー・ランドローバーとBMWグループがタッグを組み次世代EV技術を開発

H.Tanaka
AUTHOR

次世代電気駆動システムを筆頭に先進分野で幅広く協力

6月5日、英国最大の自動車メーカーであるジャガー・ランドローバーは、次世代の電気駆動システム(EDU)をBMW グループと共同開発すると発表した。これは、ACES(自動化「Autonomous」、コネクテッド「Connected」、電動化「Electric」、シェアリング「Shared」)という自動車産業を取り巻く変革のなかで中核となる電動化技術の発展に大きく寄与するものとなる。

この戦略的協業は、両社がこれまで培ってきた電動化技術に関する膨大な専門知識やノウハウ、経験が基盤となる。そして、ジャガー・ランドローバーは、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出されたジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である「I-PACE」やプラグイン・ハイブリッド車両(PHEV)を市場投入しており、BMW グループも 2013 年から「i3」を発売するなど、 EDUの開発および製造に関する幅広い経験を有している。

ジャガー・ランドローバーのエンジニアリング・ディレクターであるニック・ロジャース氏は、今回の協力体制について以下のようにコメントしている。
「100年に1度の自動車業界の大変革を代表するものとして、ACES への移行があります。この変革のスピードとお客様のEVへの関心の高まりは勢いを増しており、私たちにとって、このエキサイティングな未来に向けて横断的に技術開発し、発展させていくことが重要かつ不可欠なのです。私たちは、世界屈指のEVをつくることができるということを証明しました。しかし、それにとどまることなく、次世代のジャガー・ランドローバーの製品開発のためにはさらなる技術革新をしていかねばなりません。両社にとって、この大きな変革を見据えた次世代EDUの開発に求めることは主要な部分で共通しており、双方にとってメリットのある協業になるでしょう」

今回の合意により両社で研究開発、製造計画を共有しサプライチェーンにおける共同調達を行なうことでスケールメリットや効率性を活用することができる。とはいえ、ジャガー・ランドローバーとBMWグループの専門家によるチームは次世代EDUのエンジニアリングを行なうが各ブランドが持つプロダクトの特性や魅力は堅守。EDUも、両社の工場でそれぞれで製造を行なう。ちなみにジャガー・ランドローバーのEDUは、英国ウルバーハンプトンにあるエンジン・マニュファクチャリング・センター(EMC)で製造される。

1,600名の従業員を有するEMCでは、クリーンなインジニウム・ガソリンおよびディーゼルエンジン、電動ユニットを製造しておりジャガー・ランドローバーにとっては駆動システムの本拠地。そして、今年バーミンガム近郊のハムズホールに新設したバッテリー・アッセンブリー・センターがEMC を補完、完成した電動パワートレイン・システムをジャガー・ランドローバーの世界中の工場に供給することになる。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧