「X5 M」はどうなる? BMWが新型「X5」と「X7」にMパフォーマンスモデルを設定

AUTHOR
2019/05/24 09:00

530ps/750Nmを発揮する4.4LのV8ターボを搭載

5月22日、BMWは「X7」と「X5」にMパフォーマンスモデルの「M50i」を設定したと発表した。

両モデルには、530ps/750Nmを発揮する4.4L V型8気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載。8速スポーツATのステップトロニックを組み合わせ、「xDrive」4WDシステムによって4輪を駆動。0-100km/h加速タイムは「X5 M50i」で4.3秒、「X7 M50i」が4.7秒を誇る。

M50iには、Mスポーツディファレンシャルや専用チューニングを施したアダプティブMサスペンションを搭載。走行モードは「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」を設定する。スポーツモード走行時に車速が138km/hを超えると自動的に車高が20mmローダウンする。また、コックピットに備わるボタン操作で車高を最高で40mmアップさせることも可能で、オフロードでの走破性が高められている。

外観では、大きなエアインテークが設けられたフロントエプロンのほか、サイドシルやリヤエプロンが専用デザインとなり、スポーティなイメージを高めている。また、21インチサイズのMライト・アロイホイールもその演出にひと役買っている。

インテリアではMレザーステアリングホイールやMのロゴ入りセレクターレバー、コントラストステッチを施したパーフォレーテッドレザーシートなどが特徴として挙げられる。

このMパフォーマンスモデル、「M50i」が530psのV8ターボを搭載するということは、これから登場するであろうトップパフォーマンスモデルの「X5 M」では、一体どんなスペックのエンジンが搭載されるのだろうか。少なくともこのM50iのスペックを上回ることは間違いなさそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧