フィアット版ロードスターで好きモノが思い出すとか思い出さないとか?「バルケッタ」でドロ沼に陥る!?【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する”100万円でドロ沼に陥る!?” 今回は、フィアット版マツダ・ロードスターの登場で好きモノが思い出すとか、思い出さないとか言われるフィアット・バルケッタを取り上げます。

フィアット・バルケッタとは?

フィアット・バルケッタは、1995年にX1/9以来のオープンモデルとして登場。デザインは当時チェントロスティーレ・フィアットに在籍していたアンドレ・ザパティナスが手掛けている。プントの基本設計を受け継ぎFF方式を取る。ボディ色はレッドのほか、オレンジ、ブルーが用意されていた。

やっぱりオープンカーは気持ちいい

<クローズドでもデザインは崩れず>オープン状態こそこのクルマの真価が存分に発揮されるシーンではあるが、幌を閉じた状態でも美しいデザインが損なわれることはない。幌のコンディションが良いこともこのクルマの美点。ちなみに開閉は手動式となる。

ただいま春真っただ中ってことで季節柄お勧めのオープンモデルを紹介したい。今回取り上げるのは、フィアット・バルケッタ。残念ながら国内未導入のフィアット124スパイダーの前任モデルだ。まあ、フィアットのオープン2シーターと言うだけで、現行はマツダ・ロードスターベースのため、繋がりはないに等しいが……。

<収納スペースを多数用意>限定モデルでレザーシートが用意されていたが、取材車はファブリックシートとなる。コンディションは非常によく、破れはもちろん擦れも見られない。センターコンソールなどの鍵付き収納スペースの他、シート後方にも小物入れ(オプション)が備わる。

国内へ正規輸入されたため見かける機会は意外に多く、オレンジ色のバルケッタが脳裏に焼き付いている読者は多いことだろう。フィアット アンド アルファ ロメオ モータース ジャパンが輸入を手掛け、オレンジのほか、ここで取り上げるレッド、そしてブルーという3色で展開されていた。デビュー当時こそ注目を集めたが徐々に人気は翳り……。その二の足を踏まない!、と最新モデルはバルケッタではなく124スパイダーのネーミングを採用した、というのは個人的な妄想だ。閑話休題。

<”謳う系”ではありませんが実用的>フロントに搭載されるエンジンは、1.8リッターの『スーパーFIRE系』で、最高出力は131psを発揮する。トランスミッションは5速M/Tだ。回すほどに高揚感が得られる類のエンジンではないが、十分な動力性能と高い信頼性は魅力。

Text:中本健二/Photo:前田恵介/カー・マガジン463号(2017年1月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧