ついにBMWがラグジュアリークーペとカブリオレにもクリーンディーゼルを投入

AUTHOR
2019/05/21 08:00

319ps/680Nmを発揮する3L直6ターボの「840d xDrive」

5月20日、ビー・エム・ダブリューは新型8シリーズ・クーペ/カブリオレのラインアップにクリーンディーゼルエンジンを搭載した「BMW 840d xDriveクーペ/カブリオレ」を設定し、同日より発売を開始した。グレードバリエーションは標準グレードのほかにMスポーツが設定され、消費税込みの車両本体価格はクーペが12,370,000〜13,600,000円。カブリオレは13,340,000〜14,430,000円となっている。

搭載されるディーゼルエンジンは319ps/680Nmを引き出す3L直列6気筒ツインターボ。可変翼を採用した低速用ターボおよび高速用ターボを採用し、低速時はストレスのない軽やかな走りを、高速時には優雅でゆとりある快適な走りを実現している。

ちなみに欧州仕様における0-100km/h加速タイムはクーペが4.9秒、カブリオレが5.2秒。最高速度はいずれのボディも250km/hに制限されている。

なお、クーペのMスポーツ仕様車では、より鮮烈でアグレッシブな印象へと変貌させるMテクニック・スポーツ・パッケージが新たに設定。力強い漆黒の20インチMライト・アロイ・ホイールYスポークスタイル728Mジェットブラック&パフォーマンスタイヤや、19インチの大径Mスポーツブレーキ、Mリヤスポイラーなどをラインアップ。8シリーズの誇る圧倒的な走行性能と個性をより際立たせることが可能だ。

※掲載写真は「M850i xDrive」を含む

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!