スポーツするレクサスの筆頭、「RC F」がアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2019/05/14 18:00

軽量化と空力の見直しでパフォーマンスをアップ

レクサスは、スポーツクーペの「RC F」をマイナーチェンジ。全国のレクサス店を通じて5月13日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は標準車が10,210,909円で「“カーボンエクステリアパッケージ”」が10,996,364円。そして今回のアッデートを機に新設定された「“パフォーマンスパッケージ”」が14,040,000円。

2007年の「IS F」発売以降、レクサスの「F」モデルは「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマのもと、レクサスの高性能バージョンとしてスポーツイメージや運動性能の進化をけん引してきた。

今回発売した新型RC Fは、持ち味の優れたパフォーマンスを絶え間なく進化させることを目指し、軽量化や空力性能のほか、パワートレイン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点に改良を加え、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性を実現しているという。

まず、運動性能向上を狙い車両重量は従来型比で約20kgの軽量化を実現。レスポンスに優れたハンドリングと、限界領域でのコントロール性向上を目的にタイヤも新開発している。また、エンジンマウント、サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性を高めたことで、サーキット走行などにおいても優れた操縦安定性を発揮する。

エンジンは、出力をアップさせただけでなくエアクリーナ-形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスが向上させた。またディファレンシャルのローギヤ化を図ることで、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性が向上。街乗りの際にも軽快な走りが実感できるようになっている。

エクステリアには、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだデザインを導入。フロントスポイラーのコーナーにはカナード形状を取り入れダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にはアンダーカット形状を設けることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、Fモデルとしての独自性を狙った造形となっている。

さらに、前後ホイールハウスにエアアウトレットを設けてホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性も追及された。加えてエンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールも搭載されている。

限界域での走りを極めた高性能バージョン“パフォーマンスパッケージ”

そして今回から“F”の高性能と進化への飽くなき挑戦を象徴する“パフォーマンスパッケージ”を新設定していることもトピックのひとつだ。日本のスーパーGTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用。CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用で従来モデル比で70kgもの軽量化を実現し、運動性能にさらなる磨きがかけられた。内装では、専用のインテリアカラーであるフレアレッドやレッドカーボンの専用のオーナメントパネルを採用。エクスクルーシブ性の演出にも余念がない。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧