ジャガー&ランドローバーで「繋がる」とオトクな特典が?

AUTHOR

走れば走るほど、高速代や駐車代がかからない!?

4月29日、ジャガー・ランドローバーはコネクテッドサービスを活用した新しい暗号通貨サービス「スマートウォレット」の実用化に向け試験運用をスタートさせたことを発表した。

スマートウォレットを搭載するジャガー車やランドローバー車のドライバーは、ドライブ中に遭遇した渋滞や、路面のくぼみ(破損部分など)といった道路情報データをコネクテッド技術を介してナビゲーションプロバイダーや自治体などに売ることで、暗号通貨が獲得できる。この暗号通貨は自動的に有料道路の通行料や駐車料金といった各種サービスの支払いに充てられる。

つまり、この技術を導入したジャガー車やランドローバー車は、走れば走るほど、クルマ関連の各種サービスに対する費用がかからなくなるという仕組みだ。

このシステムは同社の掲げる「事故ゼロ」、「混雑ゼロ」、「ゼロエミッション」というビジョンの一環として開発されたもので、このほどアイルランド・シャノンにある同社の新しいソフトウエアエンジニアリングセンターで試験運用が開始された。

スマートウォレットの実用化の見通しはまだ明らかにされていないが、ドライブ好きには魅力的なこのサービス、ぜひ早期に実現させてほしいものである。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧