ホンダが上海ショーで中国向けピュアEVの第二弾を発表

H.Tanaka
AUTHOR

ホンダブースではさまざまな電動化モデルを展示

ホンダは、中国・上海で開催されている2019年上海モーターショーにおいて中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカー「X-NVコンセプト」を世界初公開した。

このモデルは、本田技研科技(中国)有限公司と東風本田汽車有限公司(東風ホンダ)が共同開発。東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半の発売を予定している。

なお、ホンダブースでは4月末に広汽ホンダより中国で発売が開始される予定「オデッセイ・ハイブリッド」を初公開しているほか、中国では第2世代となる「ホンダ・コネクト」を体験できるコーナーなどが出展されている。

ホンダは昨年「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」という中国における電動化の中期ビジョンを掲げ、広汽ホンダより昨年発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」をはじめ2020年以降にはプラグインハイブリッド搭載モデルの投入を予定している。

四輪車以外にも、昨年発表した電動二輪車「V-GO(ブイゴー)」や、電動小型モビリティ「トランスクーター」など、ホンダはさまざまなモビリティにおいて電動化を加速させている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧