竹内涼真さんはイエローのekクロスがお気に入り!? 三菱「ekクロス」と「ekワゴン」がデビュー!

相澤隆之
AUTHOR
2019/03/29 07:30

「ekクロス」の「デリカD:5」顔は軽自動車らしからぬ大迫力!

三菱自動車は3月28日、ハイトワゴンタイプの軽自動車「eK wagon(ワゴン)」(以下「eK ワゴン」)を約 6 年ぶりにフルモデルチェンジ、同時に新しい SUV テイストのクロスオーバーモデル「eK X(クロス)」(以下「eK クロス」)を設定し、3 月 28 日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は「eK ワゴン」が1,296,000~1,506,600 円、「eK クロス」が 1,414,800~1,765,800 円(いずれも税込)。

新型「eK ワゴン」「eK クロス」は、三菱自動車と日産自動車の合弁会社 NMKV が企画・開発マネジメントし、新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォーム・エンジン・CVT といった主要コンポーネントを刷新した新しい軽ハイトワゴンだ。

「eKワゴン」は、運転のしやすさと快適性の向上による日常での使い勝手の良さに加え、同社初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」等の先進技術が搭載されているのが特徴のひとつ。「eK クロス」は、三菱自動車ならではの SUV テイストを盛り込んだクロスオーバーモデルで、新採用のハイブリッド システムによる低燃費で力強い走りが特長となっている。

このうち、新型の目玉となるのは大胆なデザインが特徴の「ekクロス」だ。そのフロントフェイスは、SUV らしい力強さを表現した三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせ、迫力あるルックスが与えられている。ボディカラーは、計11 通りと豊富なバリエーション展開。新色を含む6 色のモノトーンに加え、サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド(ルーフ)等、SUVテイストをより一層引き立たせる5通りの2トーンカラーが設定されている。

インテリアカラーはekクロスとekワゴンで差別化が図られており、ekクロスがブラックを基調とし、ブルーを差し色としたスポーティかつスタイリッシュな空間としているのに対し、ekワゴンはライトグレーを基調とし、おしゃれで上質な空間とされている。

パワートレインは、新開発のエンジン及び CVT により、低燃費でありながら全域で軽快な加速性能、そして加速時の高い静粛性を実現。「eK クロス」には新たにハイブリッド システムを採用し、さらにトルクフルな走りと低燃費を可能としている。

安全運転支援機能も充実しており、三菱自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」を搭載。高速道路において車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、ドライバーのストレスや疲労を軽減し、ロングドライブをサポートしてくれる。

一方で軽自動車初の装備となるのが「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」で、これは車両後方にあるカメラの映像を映し出すことで、後部座席の人やラゲッジルームの荷物で視界が遮られたり、夜間や天候によりしっかり後方確認ができない場合も、液晶モニターを搭載したルームミラーで確認することができる優れもの。また、夜間モードにすると後続車のヘッドライトの眩しさを軽減してくれる。

さらにホイールベースを 65mm 延長したことで、後席のニールームを 70mm 拡大し、前席を一番後ろに下げた状態でも足を組んで座れるほど広々とした居住空間が確保されていたり、ディーラーオプションで新たに9インチの大画面ナビゲーションシステムが設定されているなど、一層商品力がアップしている。

発表会の会場には、ekクロスのCMに出演しているタレントの竹内涼真さんが登場。トークショーで「お好みの色はどれですか?」と尋ねられると「ホワイトとオレンジの2トーンも魅力的ですけど、やっぱりCMで共演したイエローとホワイトの2トーンですかね」と答える一幕も見られた。

 

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_series/special/

フォト:小林俊樹(T.Kobayashi)/相澤隆之(T.Aizawa)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧