【スクープ】BMWは「Ⅿ8グランクーペ」で「メルセデスAMG GT63S」を迫撃

小野泰治
AUTHOR
2019/03/29 11:00

4.4L Ⅴ8ツインターボのパワーは625㎰とのウワサ

日本では2ドアの「8シリーズクーペ」が発売されたばかりだが、その後には4ドアの「グランクーペ」、さらには高性能版である「Ⅿ8グランクーペ」が控えている。今回はⅯ8のテスト車両をキャッチできたので、現在までに得ている情報とともにご紹介しよう。

BMWは、2018年3月のジュネーブ・ショーで「コンセプトM8グランクーペ」を公開。11月には2ドアの「M8クーペ」プロトタイプも公式リークしている。しかし量産型M8グランクーペが捕捉されたのは今回が初だ。カメラが捉えたテスト車は、コンセプトカーにはなかったドアハンドルを装着。大径ブレーキや左右出しのデュアルテールがその走りを物語るほか、サイドミラーも量産型とおぼしき形状に変更されデビューが近いことをうかがわせる。

しかしコンセプトカーには存在したフロントバンパーコーナーの縦型エアインテークや、フロントフェンダー後部のエアアウトレット、リヤバンパーのエアベントなどは消滅している。そのことから、市販型のエクステリアは若干ながらコンセプトカーより落ち着いたテイストになることが考えられる。

Ⅿ8が搭載するパワーユニットは、4.4L V型8気筒ツインターボ。標準で4WDの「M xDrive」システムと組み合わされ、最高出力は625psを発揮するとも噂されている。4ドアの高性能クーペということで、ライバルは639㎰を発揮する「メルセデスAMG GT63 S」、550psの「ポルシェ・パナメーラターボ」、605psの「アウディRS7スポーツバック・パフォーマンス」あたりとなる。そのワールドプレミアは早ければ2019年末。遅くも2020年初頭には正式公開の運びとなるだろう。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧