ランボルギーニが創業以来最高の業績を樹立

小野泰治
AUTHOR

「ウルス」が期待通りに貢献!

昨年(2018年1月~12月)のランボルギーニは販売台数、売上高、利益率の全主要事業が絶好調。同社55年の歴史の中でもかつてない新記録を樹立したという。

ウルス

2017年に10億ユーロの大台に乗った売り上げは、2018年にはさらに40%伸びて10億900万ユーロから14億1,500万ユーロに大幅増。販売台数も3,815台から51%増の5,750台を記録し、ランボルギーニが主要マーケットとするすべての地域で記録を更新した。この好調な業績に大きく貢献したのはスーパーSUVを銘打って発売した「ウルス」。2018年なかばにデリバリーがスタートし、トップモデルの「アヴェンタドール」と中堅モデルである「ウラカン」の販売台数伸長にも一層の弾みを付ける形になったという。

アヴェンタドールSVJロードスター

ウラカンEVOスパイダー

この好業績についてCEOのステファノ・ドメニカリは以下のようにコメントした。

「2018年度、ランボ ルギーニはすべての主要事業において新たな金字塔を打ち立てました。同時に初めて販売台数5,000台という特別な節目を超えました。財務業績でも新記録を達成しました。この大躍進は、当社の製品と営業戦略の持続性の証明です。すべては全社一丸となって達成できたことであり、私たちの歴史あるブランドと伝統に意欲を持って力を尽くしてくれた世界中の社員と、信頼と支援を寄せてくれた株主の皆様に心より感謝いたします。今後はさらなる成長と、イノベーションと技術における新しい挑戦に向けた準備を進め、新たなマイルストーン達成を狙ってまいります」

なお、ランボルギーニでは新規雇用も進み社員数は2018年末に1,750人を超えている。これは2017年比で10%増、5年前と比較すると70%増になるという。同社の取締役会は2019年も販売台数と売り上げの両面で明るい見通しを確信していて、イノベーションと新技術に対する戦略投資の続行も改めて表明している。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!