新型ジムニーの快適性を競技と街中共に両立する、ノウハウ詰みカスタム!【ジムニー天国 2019】

2019/03/13 11:30

基本的なオフロード用アイテムをいち早く装着

自動車用パーツはそう簡単に出来上がるモノではない。バンパーなどの成形物ならまずは型を起こし、そこから細部の作り込みや装着方法を検討。そして試作品ができたら、さらに煮詰めていく。アフターマーケットにひと通りの新型ジムニー用パーツが出揃うのは、どんなに早くて半年と思われていた。しかし、サスペンションの各種パーツに始まり、前後バンパー、サイドシルガード、牽引フック、インテリア用パーツ、マフラーやインタークーラーなどエンジン系のスープアップ用パーツと一挙に多数のアイテムを開発したショップがある。京都のハイブリッジファーストだ。

トランスミッションとトランスファーのシフトノブに加えて各種ペダルも手掛けている。

積載時にリアシート背面を保護するリアフロアマット3Pセット。荷物の滑り防止にも効果的。

同店代表の大嶋氏はJB64が発表&納車されるや、なんと9日後に開催されたJSTC東北DV第1戦に試作のサスペンションを装着して参戦。その驚くべきほど意欲的な姿勢に誰もが衝撃を受けた。そこからも手を緩めることなく、基本的なオフロード用アイテムをひと通り手掛けて完成したのがこのJB64である。

フロントバンパーはJB23同様、スキッドプレートとの組み合わせを採用。このデザインが主流となる?

車検に対応する9mmワイドのフェンダー。フロントバンパーと繋がるラインに注目したい!

中には「昨日仕上がったばかり」、「まだ試作品」というアイテムもあるが、最終ページに掲載されているパーツリストを見ていただきたい。これだけの点数をわずか2カ月で仕上げたのは驚異的のひと言。

大嶋氏が開発に協力したアルミホイール「スライスナイン」。3カラーを設定する。JWL-T規格品。

ステーを使ってフレームに固定するリア用牽引フック。ドレスアップ効果も期待できる。

もちろん、単に見せかけのために作ったモノなどひとつもない。すべてハイブリッジファースト・大嶋氏が長年培ってきた最高レベルのノウハウを注ぎ込んだアイテムばかり。作りやデザインを見て、さらにその機能性を知れば「なるほど!」と感心させられる。新車コンプリートをラインナップさせるのも時間の問題だろう。とにかく楽しみだ。

テストドライバー:内田 靖 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧