ランボルギーニ・ウラカンEVOがジャパンプレミア!

相澤隆之
AUTHOR
2019/03/11 19:00

ランボルギーニの初の後輪操舵システムを採用

ランボルギーニジャパンは3月8日、ウラカン・ペルフォマテの優れた性能を基に次世代車両力学制御と空気力学を取り入れた次世代のV型10気筒スーパースポーツカー、「ランボルギーニ・ウカランEVO」を国内初披露した。 価格は29,843,274円(税別)で、2019年春から順次デリバリーを開始する予定とのことだ。

ウラカンEVOは、5.2L V型10気筒エンジンを搭載、出力を向上させ感情を高揚させるパワフルなサウンドを生み出すために、チタン製空気バルブを採用し軽量排気システムの改良を行っており、最高出力は8,000回転時に640 ps (470kW) 、6,500回転時に600Nmのトルクを実現。乾燥重量は1,422 kgで、パワーウェイトレシオは2.22 kg/ps、0→100km/h加速は2.9秒、9秒で200 km/hに達するという。また100 km/hの速度からの停止距離は31.9 m、最高速度は325 km/hを超えるとのことだ。

その最大の特徴となるが、後輪操舵と四輪に作用するトルク・ベクタリング・システムだ。新機能となるランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)と呼ばれる中央処理装置により、車両の動的挙動の全側面を制御、車両のダイナミック・システムと設定のすべてを完全に統合し、ドライバーの次の動きとニーズを予想して、完璧なドライビング・ダイナミクスを判断するシステムを持ち合わせている。

一方、横/縦方向、垂直方向の加速と、横揺れ、上下動、ヨーレートに対して車両の動作をリアルタイムでモニターする。ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)もアップグレード。磁性流体サスペンションは、LPIからのインプットに従って、瞬時にダンピングを適応してくれるほか、先進のトラクション・コントロール・システムが、強化された全輪駆動とトルクベクタリングと共に、必要に応じて1つの車輪にトラクションを向けることを可能にしてくれるという。

必要とするステアリング角を最小にしつつ、コーナーで高い応答性の確保が可能なランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)には、低速度での機敏さを確保するとともに、高速コーナリング時と最も厳しい条件下での制動時に最大の安定性を確保するために、後輪操舵が組み合わされた。

ウラカンEVOはデータをリアルタイムで処理することで、ステアリングホイール、ブレーキ、アクセルペダルのインプット、連結されたギア、ANIMA コントローラにより選択されたストラーダ、スポーツ、またはコルサの運転モードといった情報を通じて、ドライバーの意図を認識。車外の状態は、アクティブサスペンションと全輪駆動グリップ推定機能によって判断される。

この情報はすべてLDVIが分析と処理を行い、LDVIはこれを車両ダイナミック・システムへの正確なインプットに転換。ダイナミックコントローラを通じて「フィード・フォワード・ロジック」が実行される、という流れ。ストラーダ・モードでは、機敏さを発揮し、運転の楽しさを実現する一方、スポーツ・モードでは、遊び心に溢れ極めてエキサイティングなドライビングが楽しめる。コルサ・モードでは、サーキットなど最も極限の運転状況で、シャープで応答性が高く爽快な制御になるとのことだ。

ボディも進化している。新しいフロントバンパーは、車高が低く積極的なパーソナリティをもたらすとともに、一体型ウィングを備えたフロントスプリッターにより空力効率がアップ。テールの上端では、スロットのある一体型スポイラーがエアフローを向上、アンダーボディは空気力学効率を最大にする形状になっており、これらの一体型エアロダイナミックスタイリングにより、ダウンフォースと空気力学効率は、第一世代のウラカンの5倍以上に向上しているという。

コクピットでは、センターコンソールのスタートボタンのすぐ上に配置された、新しい8.4インチHMI容量性タッチスクリーンにより、ドライバーはマルチフィンガージェスチャーコントロールを通じて、手元でコネクティビティを利用することが可能。これはシート、温度調節、LDVIシステムの状態などの車両の機能をリアルタイムで制御しており、AppleCarPlayなどのあらゆるインフォテイメントへ自由にスマートフォンとつなげることもできる。

マルチメディアシステムには、コネクテッド・ナビゲーションおよびWebラジオ・動画プレイヤーなどのエンターテイメントが組み込まれ、直感的なインターフェスで音声による操作が可能となっており、ドライバーはいつでもSiriを使うことができる。オプション装備のデュアル・カメラ・テレメトリ・システムもタッチスクリーンを通じて提供され、先進テレメトリ・レコーディングと分析が可能となっている。

内装はアルカンターラ色の専用の新EVOトリムとレザーの組合せ。スポーティでエレガントな新トリムは、多数のバイカラーとトリムのオプション、ならびに極めて陽気なアルカンターラ色のオプションを備えてお、り要望に応じてカーボン・フォージド・コンポジットや特許を取得したランボルギーニのカーボン・スキンなどの軽量素材を使用することが可能だ。ウラカンEVOの内装と外装はスペックの可能性を最大限にするべくデザインされており、光沢ブラックの幅広いスタイルパックとボディカラーやカスタマイズできるアドペルソナム・プログラムなど、幾つかの新オプションが設定されている。

Specification】Lamborghini Huracan EVO
■全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm
■ホイールベース=2620mm
■トレッド=前1668、後1620mm
■エンジン型式/種類=V10DOHC40V
■内径×行程=84.5×92.8mm
■総排気量=5204cc
■圧縮比=12.7
■最高出力=640ps(470kW)/8000rpm
■最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/6500rpm
■燃料タンク容量=83(プレミアム)
■トランスミッション形式=7速DCT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後Wウイッシュボーン/コイル
■ブレーキ=前Vディスク、後Vディスク
■タイヤ(ホイール) =前後215/45R18(7J)
■車両本体価格(税込)=32,219,936円

【問い合わせ】

問い合わせ先=ランボルギーニジャパン℡0120-988-889 https://www.lamborghini.com/jp-en

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧