新型ジムニーでストリート+週末オフロードも楽しい【ジムニー天国 2019】

2019/03/11 11:30

スタイリッシュでありながら、走りもしっかり追求

クラシカルなホイール(DEENクロスカントリー)やルーフラック(ショウワガレージ・AX)などで、スタイリッシュなたたずまいを見せるナンブオートのJB64。「ジムニーらしいスタイルを重視しつつ、その走りも追求しました」(川端丈智代表)というように、専用開発のコイルをはじめ、足まわりを中心に徹底的にモディファイを敢行。JB64はオフロードのエントリーモデルとしても期待されるが、同店はそんなユーザーに向け、オールラウンダー的な性格を求めて製作しており、実際にオフロードでのテストも繰り返している。その結果、オフロードはもちろん、オンロードにおいても路面追従性と安定性が格段に向上。そのインプレッションは後述しているので参考にしてほしい。

アウトドアレジャーでの使い勝手を考慮して、ショウワガレージの「AX」(ルーフラック)を装備。

マフラーはトラストのXROSSエキゾーストを採用。左右出しのサイレンサーが迫力のリアビューを作る。

リフト量は2インチとしており、コイルにはJB64専用として開発したN-TECH SCコイルを採用。ダンパーはタニグチAS8を組み合わせている。前後ラテラルロッド、前後アームも同店製に変更しているが、こちらもコイル同様、JB64専用として開発されたものだ。ブレーキラインもステンメッシュに変更しているため、ダイレクトかつコントローラブルなブレーキフィールが体感できる。

レトロ感のあるスタイルにあわせて、ホイールはディッシュタイプのDEANクロスカントリー」を採用。

フロント、リアのアームはともにJB64用として専用設計したものが取り付けられている。

「ストリートでの使用を重視し、安心してカッコよく乗ることができるクルマを目指して製作しました。JB64のノーマルサスペンションに少し不満があったため、リフトアップに伴うネガの解消を目指して作り込みました。オフロード走行はもちろんですが、キャンプや川遊びなど、幅広いシーンで活躍してくれるクルマとなっています」(川端代表)。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧