三菱自動車の「電動ドライブハウス」とは?

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/28 11:00

ジュネーブ・ショーで新コンセプトカーとともに展示

三菱自動車は、3月5日~17日の日程で開催される第89回ジュネーブ・ショーでコンセプトカーの「エンゲルベルグ・ツアラー」やコンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデル、1トンピックアップトラック「L200」(欧州仕様)の 2020年モデルを欧州初披露するが電気駆動モデルに力を入れてきた三菱らしい展示も行なう。

 

それは、電動車の購入とあわせてV2H(ビークル・トゥ・ホーム)を中心とした家庭用システムを提供する新しいサービスの「電動ドライブ・ハウス(DDH)」で、会場ではその内容をデモンストレーション展示する。これは太陽光発電機器やV2H機器、そして家庭用蓄電池などで構成するシステムをパッケージ化し、販売会社で一括販売するサービス。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルとして多くのメリットが期待できるという。

デモンストレーション展示の概要

「電動ドライブ・ハウス(DDH)」での必要なシステム機器をブース内のモデルハウスで再現し、太陽光発電システムによる電動車への充電、電動車から家庭への電力供給などを展示。また、これにより電気代や燃料代の節減や緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮など、さまざまなメリットを来場者にわかりやすく紹介する。

ジュネーブ・モーターショー公式サイト
https://www.gims.swiss/

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧