「フィアット500/500C」の限定車、「コレッツィオーネ」が発売

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/08 16:00

魅力はシックなコーディネート

FCAジャパンは、「フィアット500」とそのオープン仕様である「500C」に限定車「500/500C コレッツィオーネ」を設定。2019年2月16日より、合計200台を限定発売する。消費税込みの車両本体価格は、「500コレッツィオーネ」が2,440,000円(160台)、「500Cコレッツィオーネ」は2,720,000円(40台)となっている。

「コレッツィオーネ」は「Collection(コレクション)」を意味するイタリア語で、ファッション業界では季節ごとに発表される新作の総称として使われている。今回の限定車は、そんな車名通り、ボディカラーなどの特別装備によりデザイン性で定評あるフィアット500シリーズの個性に新たな風を吹き込む1台となっている。

ベースはいずれも1.2L 4気筒エンジン搭載車だが、エクステリアは通常モデルに設定のないボディカラーの「オペラボルドー」にブロンズカラーのビューティーラインが組み合わされており、気品漂う仕上がり。これにブロンズカラーの専用16インチアルミホイールをプラスすることで上質さがより一層高められた。なお、500Cコレッツィオーネではボディカラーと相性の良いグレーのソフトトップが装着される。

インテリアは、ブラックを基調にエクステリアと同じオペラボルドーのインスツルメントパネルに、ブロンズカラーのアクセントラインがあしらわれ、エレガントな空間を演出。また、専用デザインのシートや「Collezione」のロゴを配した専用フロアマット(前席)により、室内全体がファッション性高くコーディネートされている。

また、500/500Cコレッツィオーネにはバイキセノンヘッドライト、ガラスルーフ(ハッチバックのみ)、フルオートエアコン、リヤパーキングセンサーなど快適装備も充実している。

なお、FCAジャパンでは500/500Cコレッツィオーネのファッション性の高さを活用し、さまざまなファッションシーンや音楽シーンでワールドワイドに活躍するフォトパフォーマーの、ARISAK氏を起用したコミュニケーションを展開。ARISAK氏が生み出す独自の世界観と、500/500Cコレッツィオーネを融合させることでフィアットブランドをよりいっそう盛り立てていくという。

500/500C コレッツィオーネ商品サイト
https://www.fiat-auto.co.jp/limited/collezione_2019/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧