三菱自動車の業績がV字回復

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/04 15:00

国内では「エクリプス・クロス」が貢献

三菱自動車は、2018年の世界販売台数が前年比18%増の1,218,897台だったと発表した。これはV字回復の軌道に乗せる計画により、販売に勢いがあることを表しており、国内・海外いずれの販売台数も前年と比べて2桁増となっている。

要因としては、新型車の「エクリプス・クロス」や大幅改良した「アウトランダーPHEV」といった商品が販売増に貢献。日本での販売は91,630台から104,611台に増加し、前年比は14%増となった。また、海外販売は1,114,286台。175,452台増えており、前年比では19%増となっている。

特に海外市場は力強い成長を示しており、米国での販売は前年比14%増の118,075台。西欧は前年比19%増の178,414台となり、特にフランスが7,303台で前年比64%増となったほか、ロシアでも45,391台となり前年比87%の伸びとなっている。

そんな北米や欧州以上の伸びをみせたのが、前年比35%増の322,284台を販売したアセアン地域だ。インドネシアでは「エクスパンダー」が成長のおもな牽引役となり、前年比84%増の146,805台の販売台数を記録。三菱が2017年にインドネシアで新工場をオープンさせたこともあって、同国での販売台数は過去2年間で118%の増加となっている。

アセアン地域のその他の好調な地域を見ると、タイが前年比21%増の84,560台。ベトナムは前年比60%増の10,969台で、マレーシアが前年比32%増の9,261台となっている。

三菱自動車のトレバー・マンCOOは、以下のように述べている。

「2018年の堅調な販売台数は、三菱自動車を持続可能な回復に導くという私たちの成長計画が有効であることを証明しています。新商品が顧客に届くことでほかの主要市場でも成長が見込まれ、当社のSUVおよびEVはますます重要性を増し魅力的になっています」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧