「マセラティ・レヴァンテ」の世界限定車が登場

AUTHOR
2019/01/25 17:00

内外装のテーマは「火山」

1月22日、マセラティはレヴァンテに限定モデル「ヴァルケーノ」を設定し、欧州およびアジア市場にて150台限定で発売すると発表した。

この限定車は、350ps仕様および430ps仕様のV6ターボエンジン搭載車に設定。フロントに6ピストンキャリパーを採用したブレンボ製ブレーキシステムを標準装備する。

この限定車のネーミングである「ヴァルケーノ」は、イタリア語で「火山」の意味。内外装には、そのイメージが随所に盛り込まれている。

外観ではブラッククロームのフロントグリルやダークカラーのライトクラスター、グロスブラックのウインドーサラウンド、ボディ同色ドアハンドル、専用エキゾーストテールエンドが採用され独特なアピアランスを表現。ホイールは21インチサイズの「Helios」というデザインでマットカラーとなる。また、レッドのブレーキキャリパーも外観のワンポイントとして印象的だ。

インテリアではフルグレインレザーのシートや、ハイグロスのカーボンファイバーパネルが目をひく。装備面では、Bowers&Wilkinsのプレミアムサウンドシステムのほか、ソフトクロージャードアシステム、前後パーキングセンサー、フルLEDマトリックスヘッドライトが採用され、快適性や機能性も高められている。

この限定車の日本導入に関しては今後の発表を待つことになるが、アジア市場で展開することがアナウンスされていることから、日本で発売される可能性は大いにありそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧