上陸間もないM2コンペティションを富士スピードウェイで体感!

2018/12/25 09:00

富士スピードウェイ【2018年11月13日(火)開催】

BMWワンメイク ドライビング レッスン
Powered by BMW M2 Competition

前回の8月に続き、BMWジャパンのウェブサイトやSNSでのご招待を実施した「BMWワンメイク・ドライビング・レッスン」。今回に至っては応募者が3000件を超えたというその魅力は、BMWの最新モデルを富士スピードウェイで存分に堪能できることだが、実はインポーター協賛イベントらしい強みも存在する。それは……。

今回の主役はM2コンペティション!

豪雨、酷暑の中に続いて2018年の締めくくりとなった今回のBMWワンメイク・ドライビングレッスンは、曇天のもとでスタート。11月の富士スピードウェイということで、気温的には少し肌寒い状況だったが走りを楽しむ環境としてはまずまず……、と思われた矢先に途中からまたしても雨。降ったのはおもに午前中で終日におよばなかったのは幸いだったが、なかなかほど良い天候といかないのはスタッフの日頃の“行ない”に問題があるからか?

とはいえ、走る機会が盛り沢山なこのイベントの場合、天候の良し悪しはあまり関係ないのかもしれない。むしろ参加者のスキルに磨きをかける、あるいは参加車両の負担を軽減するという意味では、多少路面がウェットで 滑りやすいぐらいの方が適切ともいえるからだ。

そのプログラムは、当然のことながら“BMWづくし”。午前に3つのコンテンツ、午後には富士のレーシングコースを満喫できるフリー走行に加え、プロがドライブする最新BMWで富士を体感できる同乗の機会も設けられていた。 午前に行なわれたコンテンツの主役は、前回と同じくジムカーナ・レッスン。その目的は、BMW本来のパフォーマンスを体験することと基礎的なコーナリング技術の習得にある。参加者は愛車、もしくは最新BMWで特設コースを周回するのだが、周回前にはインストラクターを務めるレーシングドライバーのデモ走行やブリーフィングを実施。走行中にも個別にアドバイスが提供されるなど、限られた時間ながら濃密といえる内容となっている。

なお、富士の駐車場に作られる特設コースはレイアウトが毎回異なるのも特長のひとつ。とはいえステアリングとペダル操作の連携、理想的ライン取りと乗り手の視線移動の修得に主眼を置いて作られることは変わらない。また、午後に行なわれるフリー走行に役立つものとするべく、そのレイアウトはタイトかつ複合コーナーが連続しているレーシングコースの後半セクションを毎回意識したものになっているという。

実は毎回レイアウトを変更しているという、ジムカーナ・レッスンの特設コース。インストラクターによるデモ走行やブリーフィングを経て、参加者は愛車のBMWでこのコースを周回する。コースはタイトコーナー主体だが、これはレーシングコースの後半セクションを想定して設定されたものだとか。

このジムカーナ・レッスン会場には、もうひとつの「お楽しみ」もある。それは、レッスンの待ち時間を利用して周回コースを最新のBMWで走れることだ。前回はM5だったが、今回は上陸間もないM2コンペティション。本誌読者ならご存じの通り、このモデルは導入当初から大人気となり大量のバックオーダーを抱えたM2の進化版。「コンペティション」というとM3やM4の高性能バージョンをイメージする人も多いはずだが、M2に関しては従来型の後継という扱いになっている。

ジムカーナ・レッスンの合間には、1名あたり1周と短いもののM2コンペティションの試乗も実施。愛車と同じコースを走れることに加え、助手席にはインストラクターが同乗するので、その魅力は理解しやすい。

 

BMW M2 Competition

従来型モデルの進化版という位置付けになるM2コンペティション。3リッター直6ターボは40psと85Nmが上乗せされて410psと550Nmを発揮するが、エンジン本体も現行M4(F82)などと同じS系ユニットへとスイッチ。同時にM4と同等の冷却システムやカーボン製ストラットブレース、さらにはMスポーツブレーキも標準搭載される。外観ではキドニーグリルやバンパーなどのデザインが一新されている。

【Specification(7速M DCT)】■全長×全幅×全高=4475×1855×1410mm■ホイールベース=2695mm■車両重量=1630kg■エンジン種類/排気量=直6DOHC24V+ターボ/2979cc■最高出力=410ps(302kW)/6250rpm■最大トルク=550Nm/2350-5230rpm■トランスミッション=7速DCT■サスペンション(F:R)=ストラット:5リンク■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク■タイヤサイズ(F:R)=245/35R19:265/35R19■車両本体価格=8,980,000円

そんな新生M2の試乗、残念ながら時間の都合で走行は1周のみと短かかったのだが、試乗の際はインストラクターが同乗。メンバーは本誌レギュラー執筆陣のひとりにしてBMWへの造詣も深い萩原秀輝氏と、若手レーシングドライバーの根本悠生選手と豪華だっただけに、参加者もM2の進化ぶりは十分に理解できたはず。

フォト:小林俊樹/ムービー:宮門秀行

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧