【ジムニー徹底解剖-4】新旧ジムニー比較試乗!! 新型有利も捨てがたい先代の魅力があった!

誰にでもオフロードにおけるイージードライブを可能にさせた新型の最新デバイス

さて、ジムニーの本領ともなるオフロード性能だが、旧型よりも新型が優れていることは間違いない。ただ、単純に優れているというよりは、「誰にでもオフロードでのイージードライブが可能になった」と表現するほうが正確だろう。新型には前述したように、ブレーキLSDトラクションコントロールという、タイヤの空転によるスタックを防ぐ電子制御装置が採用されている。このデバイスはABSのユニットを流用した、簡易版のメカニカルLSDで、タイヤのトラクション性能を上回る路面状況では実に頼りになる装備だ。泥や砂、雪の路面において、特別な悪路走破テクニックを知らなくても、車両をグイグイ進ませてくれるのはすごい。ただ、テクニックを持っている人間にとっては邪魔な装備でしかない。それは、ときにこのデバイスが走破性を削ぐケースも少なくなく、実は役立つシーンは日常に限られてくるのでは……というのは率直な感想だからだ。ちなみに、トランスファーレバーがスイッチ式から手動レバー式に戻されて、昔に戻ったようだが、操作性・信頼性とも逆に向上したといえる。

新型インパネ(JB64)

旧型インパネ(JB23)

総じて、新型には紛れもなく良さがある。JB23型には熟成された良さがあったが、JB64型には造り変えただけの良さが感じられた。旧型ほどクロカン4WDというカテゴリーを意識することなく乗れる快適さが、新型ジムニーにはある。さらにSUVにはない「本物」を感じさせるデザインもまた、国内で大ウケしているファクターなのではないだろうか。

新型ラゲッジスペース(JB64)

旧型ラゲッジスペース(JB23)

テキスト:山崎友貴/フォト:宮越孝政

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

閉じる