アウトランダーPHEVと「2018SENDAI光のページェント」がコラボ

PHEV給電でイルミを点灯

三菱自動車は、宮城県仙台市青葉区の定禅寺通にて12月14日(金)から12月31日(月)の大晦日まで開催されるイルミネーションイベント「2018SENDAI光のページェント」に協賛。今回のサポートでは、パワフルな給電能力を誇る三菱自動車の「アウトランダーPHEV」2台が会場に集結し、クルマが発電して駆動用リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力により、勾当台(こうとうだい)公園の会場内に今年新たに設置された高さ約6mのツリーを含む、「RGB光の花(3色LED 22,500球)」で演出される「勾当台フラワーライトガーデン」全体を点灯させるもの。

今回、「勾当台フラワーライトガーデン」への給電を担うアウトランダー PHEVは、 走行中や停車にエンジンによる発電が可能なPHEV(プラグインハイブリッドEV)で、 1回の充電で約65kmのゼロエミッション走行が可能なほか、一般家庭最大約10日分の電力供給も可能。車内には、100V(最大出力1500W)の家庭用コンセントふたつが使える。

杜の都仙台の“冬の風物詩”として毎年多くの来場者が訪れる「SENDAI光のページェント」の世界観とともに、ミツビシ・アウトランダーPHEVのパワフルな給電で青く光輝く、幻想的な新スポットを楽しんでみませんか?

2018SENDAI光のページェント【勾当台フラワーライトガーデン】
開催期間:2018年12月14日(金)~27日(木)
点灯時間:
日~木 17:30~22:00/金・土、23(日・祝)、24(月・祝)17:30~23:00
点灯区間:勾当台公園中央部
点灯規模:22,500個の「RGB光の花」/計約2,000W相当
給電源:三菱自動車「アウトランダーPHEV」2台
2018SENDAI光のページェント http://www.sendaihikape.jp/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

閉じる