スズキがパキスタンでの生産200万台を達成

H.Tanaka
AUTHOR
2018/11/30 15:00

1982年からの36年で到達

スズキといえばインドの自動車市場で圧倒的な強さを発揮。旧東欧のハンガリーでも着実なビジネスを展開していることでも知られているが、パキスタンにおける四輪車、二輪車の生産販売子会社であるパックスズキモーター社(パックスズキ社)が、2018年8月に四輪車の累計生産200万台を達成している。これを記念し、11月26日にはパキスタンのアブドゥル・ラザク・ダウード首相顧問らを迎えてスズキの鈴木修会長出席のもと、パックスズキ社の工場にて記念式典が執り行なわれた。

スズキは、1975年にパキスタンの国営企業を通じてスズキの四輪車初の海外生産をパキスタンで実施。1982年にはパキスタン自動車公団との合弁会社であるパックスズキ社で「フロンテ」の生産を開始した。

 

これまでに日本の軽自動車「フロンテ」、「キャリイ」、「ジムニー」、「アルト」、「ワゴンR」などをベースに800cc~1,000ccのエンジンを搭載したモデルを中心に生産を行ない、1982年の生産開始から36年間で200万台の累計生産を達成している。

2017年度のパキスタン自動車市場におけるスズキ車のシェアは実に約55%(パキスタン自動車工業会:Pakistan Automotive Manufacturers Associationのデータに基づくスズキ調べ)。2019年春には660ccエンジンを搭載した軽自動車をパキスタンに投入する計画だという。

パックスズキ社の概要

・社名:パックスズキモーター社(Pak Suzuki Motor Co., Ltd.)
・本社所在地:カラチ市
・従業員数:約1500名 (2018年4月1日現在)
・資本金:8億2,300万ルピー(スズキ出資比率73.1%、一般26.9%)
・2017年度生産台数:四輪車13万5000台、二輪車2万1000台
・四輪生産車種:メヘラン、ワゴンR、ボラン、ラビ、カルタス、スイフト

■生産台数の推移

・生産開始:1982年9月
・100万台達成:2009年5月
・200万台達成:2018年8月

■生産台数上位5車種

1位メヘラン(アルト)800cc:69万台
2位ボラン(エブリイ)800cc:29万台
3位カルタス1000cc : 27万台
4位ラビ(キャリイ)800cc:26万台
5位アルト1000cc:10万台

おすすめ記事一覧