ファーストエディションに続き新型「プジョー508」が発売開始!

AUTHOR
2018/11/26 18:00

4ドアファストバックスタイルで登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、フルモデルチェンジを受けた新型「プジョー508」を11月19日に発売した。モデルラインナップおよび消費税込みの車両本体価格は以下のとおりで、デリバリー開始は2019年春の予定だ。

・508アリュール:417万円
・508 GTライン:459万円
・508 GT:492万円

新型508に関しては、導入記念限定車として「ファーストエディション」の予約注文受け付けがひと足先にスタートしていたが、このたび通常販売のカタログモデルが発表・発売された。

アリュールとGTラインは、180ps/250Nmを発揮する1.6リッター直列4気筒ターボを積むガソリン車で、GTには177ps/400Nmを引き出す2リッター直列4気筒ターボディーゼルが搭載される。トランスミッションはすべてに8速ATを組み合わせる。

4ドアファストバックスタイルとなった新型508のボディサイズは、全長4750×全幅1847×全高1404mmで、ホイールベースは2793mm(いずれも欧州参考値)。切り立ったグリルとフルLEDライトで構成されるフロントマスクはアグレッシブなイメージ。バンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムランニングライトを含めてシャープで個性的な表情となっている。

滑らかなルーフラインが目を引くサイドビューでは、サッシュレス構造のドアやシャープなキャラクターラインを描くショルダーがスリークな印象を強めている。プジョーが、歴代の504、505、406、407、508と続けてきたトランクリッドを備えた4ドアセダンに代えて、4ドアファストバックのスタイルを新たに採用したのは、自動車が生まれて130年あまりが経過し、最大の変革期を迎えていることを同社が自覚し、表現したものだという。

ボディカラーはアルティメット・レッドやパール・ホワイトなど、7色が設定された。

インテリアでは308や3008、そして5008と同様に、ステアリングホイールの上方にメーターナセルを配置した「プジョーiコックピット」を採用している点が新世代モデルらしい。大胆でシャープなデザインでまとめられたインパネは、8インチタッチスクリーンのセンターディスプレイや12.3インチのデジタルヘッドアップディスプレイを組み合わせる先進的な仕立てが特徴だ。

メカニズム面でのトピックは、全車に装備したプジョー初の電子制御アクティブサスペンション。走行状況や路面に応じてダンパーの減衰力をリアルタイムに制御し、より高いレベルで乗り心地とハンドリング、ロードホールディング性能を両立させている。ドライビングモードは「スポーツ」、「コンフォート」、「エコ」、「ノーマル」の4モードから選択でき、センターコンソールのセレクターで任意に設定できる。

そのほか、装備面での特色として、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する「プジョー・ミラースクリーン」やワイヤレススマートフォンチャージャー、FOCAL製プレミアムHiFiシステム10スピーカーシステムが挙げられる。

安全運転支援機能にも手抜かりはない。アクティブセーフティブレーキはカメラのクオリティを向上させた第2世代版となり、2輪車および夜間での検知精度が向上している。そのほか、ステアリング操作をサポートするプジョー初の「レーンポジショニングアシスト」や、ストップ&ゴー機能付きのアクティブクルーズコントロール、アクティブブラインドスポットモニターシステムなど、先進の機能が惜しみなく導入されている。前方最大約200mを赤外線カメラが監視し、歩行者や野生動物の映像をメーターパネルに投影し、接近する距離に応じて警報を発し、ドライバーに注意を促すナイトビジョンが、オプションで設定されている。


新型508の日本仕様における主要諸元は、後日改めて発表される予定。また、ステーションワゴンモデルの新型「508SW」は、2019年に発表・発売される見通しとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる