【試乗インプレ】メルセデス・ベンツ新型Aクラスのスリーボックスが! CLAとの差別化は?

相澤隆之
AUTHOR
2018/11/26 11:30

国内では4代目が発表されたばかりのAクラスだが、今回は初めてセダンボディが追加、その国際試乗会がシアトルで行なわれた。ジャーマンプレミアムとしてはアウディA3セダンが直接のライバルとなるだろうが、同門のCLAやCクラスとの競合はあり得るのか!?

スポーティかつハイクオリティ

先日、4代目が国内に導入されたばかりAクラスには、4月に中国・北京で発表されたセダン版がラインナップされている。そのAクラス・セダンにシアトルで試乗する機会を得た。

ホテルのエントランスで初対面した第一印象は、随分スタイリッシュなルックスに仕上げられているなあ、というもの。フロントはハッチバック同様ノーズが低められ、新世代メルセデスに共通する、シャープな造形のヘッドライトがスポーティ。トランクへと向かうルーフラインは、なだらかな曲線で構成されており、リアエンドはオーバーハングが切り詰められ、フロント同様シャープな形状のコンビネーションランプが精悍な雰囲気を醸し出している。

一方インテリアで真っ先に目を引くのは、コンパクトクラスの常識を覆すほどの質感の高さだ。使用されている細部のパーツ類は上級クラスと遜色ないようで、このあたりからメルセデスの力の入れようが窺い知れるというもの。いやが上にも走りの性能に期待が高まる。はやる心を押さえつつ運転席に乗り込んだ。

今回の試乗ルートはシアトル市内をスタートし、某コーヒーブランドでも知られているレーニア山を横目で見ながら、山のふもとを往復する延べ500kmほどの行程。ハイウェイあり、一般道あり、ワインディングありとバリエーションに富んだ道のりで、パフォーマンスをチェックするのに適していた。往路に選んだのはA200で、最高出力163ps、最大トルク250Nmを発生する1.4リッター直4ターボを搭載する。走り始めてすぐ感じたのは、従来のハッチバックに比べて驚くほど乗り心地が良くなっていることだ。一般道ではところどころ荒れている路面があったが、不快な突き上げは皆無で、凹凸をスムーズにいなしていく。動力性能も1.4トン弱の車重には十二分で、多少の登り坂もグイグイと登っていく。ハンドリングはややスポーティな味付けで、適度なロールとともにコーナーを抜けていくことができた。聞けばFFモデルのリアサスペンションはトーションビームを採用しているとのことだが、接地性に関して気になることもなかった。

復路で乗ったのはA220 4マチックで、こちらは224ps/350Nmを発生する2.0リッター直4ターボ。車名を見ればお分かりの通り、駆動方式は4WDで、リアサスペンションがマルチリンクとなるのがA200と大きく異なる点だ。その乗り味はA200同様好印象だったが、乗り心地はこちらのほうがややシットリしている。ステアリングもいい意味で穏やかな味付けで、ワインディングを攻めるというよりは長距離をゆったり走るのに良さそう。このモデルではハイウェイを走る機会もあったが、4WDならではの優れた直進安定性に加え、パワフルなエンジンの恩恵で、ストレスなく移動することができた。

 

フォト:メルセデス・ベンツ日本/ル・ボラン 2018年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる