【試乗インプレ】ジープ・ラングラー、「史上最強のSUV」と 呼ぶにふさわしい進化

2018/11/19 11:30

そのルーツを辿れば1941年に登場したウィリスまで遡り、77年もの歴史を誇るラングラーが11年振りにフルモデルチェンジを受けた。昨今デザインコンシャスなSUVがもてはやされる中で、超硬派系の筆頭格ともいえる“ザ・オフローダー”は、どんな進化を遂げたのか?

外観は伝統を継承、中身は驚くべき進化

ドナルド・トランプ米大統領は、日米貿易交渉の切り札として自動車輸出入の不均衡を取り上げた。直近の関税上乗せは回避されたようだけど、実際に日本車はアメリカに完成車を約170万台(現地生産はもっと多い)が輸出されているのに、アメリカ車は1.3万台くらいしか輸入されていない。でも、アメリカ車にも例外が。それが、ジープなのだ。

何と、2017年はジープだけで1万台以上を販売。ブランド別のランキングでも、ボルボに継ぐ7位につけている。しかも、ジープは2010年以来の販売台数が5.3倍と続伸中だ。今後も販売店数を増やし、2018年には90拠点を目指すという。なるほど、近ごろジープ専売となる外観が黒基調の店舗が目立つようになってきたわけだ。

もちろん、ジープが好調な理由はそれだけではない。主力モデルであるラングラーは、約4割を占めている。つまり、従来型はモデル末期になっても販売面の勢いが衰えなかったということ。実は、日本はアメリカに次いでラングラーが売れている国だという。

なぜそこまで人気があるのかといえば、数あるSUVの中にあって、ラングラーは独自の存在感を放つからだ。ジープそのもののルーツは1941年に誕生したウィリスまで遡り、大戦後にシビリアン・ジープとしてCJに受け継がれ、CJ5などを経て1987年に初代ラングラーが誕生。そして2007年には新世代となる従来型ラングラーが投入されている。

ボディカラーはグレードにもよるが、写真のブラックのほか、レッドやオレンジ、グレー、ホワイトの全5色が用意されている。

そして2018年、11年ぶりのフルモデルチェンジで上陸したのが新型ラングラーだ。その間、自由・本物・冒険・情熱を掲げるコアバリューは普遍的になり、日本で高い人気を得る理由になっている。まあ、歴史がどうのこうのはさておき、乗用車っぽくない質実剛健なSUVを望む人から評価されている、というハナシもあるけれど。

グレードは、3ドアのスポーツと5ドアのアンリミテッド・スポーツ、 そしてアンリミテッド・サハラ・ローンチエディション(導入当初の み)の3種がラインナップ。

エクステリアは、まさにジープだ。伝統の7スリットグリルや円形のヘッドライトと角形のテールランプに、台形のフェンダーなどデザイン的なアイコンはそのままでも、ベーシックグレードを除きライト類はすべてLED化。ウインドー類も相変わらず平らなのに、フロントは5.8度寝かせて空気抵抗を低減。アコースティックウインドシールドも採用し、走行音も抑えている。おやっ、何だか新型ラングラーは質実剛健だけが取り得ではないのかも!?

ルーフやドアは軽量化され、脱着も容易になった。

 

リポート:萩原秀輝/フォト:柏田芳敬 ル・ボラン 2018年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる